塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

日本代表、新作ジャージのテーマは炎なのか

2017-04-24 01:31:51 | 日記
 おぼろげではありますが、日本代表の新作ジャージが公表されつつあります。

 これはある意味、映画の手法かもしれません。

 通常、サスペンスやホラー映画は、出来事や犯罪が起きる過程を描き、最後に起きた理由が語られることが普通でした。

 しかし、最近はまず結末に起こることを確認させ、観客が

 「どうしてこうなるのか」
 「だからこうなったのか」

 と安心する、言い換えれば集中して観劇できるシナリオが好まれるとのこと。

 アディダスもリニューアルの前に情報を小出しにすることで、購入者に過大が期待をさせないとしているのでしょうか。

 日本代表がワールドカップ出場を果たせば、この新作で戦うことになります。

 近年で一番印象深いものは、胸に縦一線の赤が刻まれた2011年モデルでしょうか。

 アディダスがこのジャージのスローガンを

 「日本結束 ジャパン・イズ・オール・イン」

 に定め、東日本大震災で大きな被害を被った東北地方だけでなく、日本がひとつに集中してこの未曾有の災害を乗り切ろうという決意表明を、この赤の縦線に込めた形になりました。

 新作ではあの、1997年当時を連想させる「炎」をモチーフにし、新しく芽吹く選手たちの情熱をサポートする様子です。

 日本代表はアディダスと長期契約を交わしているわけですが、過去のプーマ、アシックスのジャージを見ても、各社がどれだけデザインを考えているかがわかることに、大きな意義があると感じています。

 (参考サイト ユニ11)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DVDが雑誌の目玉付録だっ... | トップ | サッカーで見る一寸先は闇 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。