塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

大久保の移籍で白熱が予想される多摩川クラシコ

2016-11-07 01:23:56 | 日記
 FC東京が川崎フロンターレから大久保を獲得します。

 FC東京は降格したグランパスエイトからFW永井を獲得するともいわれており、空中戦に秀でた前田と平山、脚力が素晴らしい永井、勝負所をわきまえている大久保と、長所が重ならないFWが勢ぞろい。

 になるかもしれません。

 いやあ、面白いですよ。

 移籍はこうでないと面白くありません。

 「多摩川クラシコ」
 「果たしてメーターで大久保のゴールを祝福していたフロンターレのファンが、この移籍をどう思うのか」
 「一方で迎える東京川の反応」

 など、興味深い出来事はたくさんあります。

 欧州では基本

 宿敵に移籍した選手は罵声の対象
 敬愛される選手は、一つのクラブに留まり続ける

 という事例が多いですね。

 ホアキン・サンチェスのように、ベティスを離れていくつかのクラブに在籍し、最愛のクラブに戻って拍手喝采、という例もありますし、トッティのようにローマに留まり続けた例もあります。

 逆にアジアだろうが欧州だろうが、宿敵やダービーの相手に移籍した選手は、相当の覚悟が必要です。

 今、ナポリでイグアインの名前を出すと険悪になるのはそのためです。

 もし、来季の多摩川クラシコで大久保が川崎フロンターレを黙らせたならば。

 その時初めて彼はFC東京の一員を実感できるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疑問を抱いたときにどう解決... | トップ | サッカーにおける映像検索の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。