塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

モナコがもし欧州王者に輝いたならば

2017-04-22 01:15:49 | 日記
 僕はここまで来たら、モナコに欧州王者に輝いてほしいと思います。

 それはいつもレアルやバルサ、バイエルンでトロフィーを持ち回りすることよりも新鮮さがありますし、モナコの優勝が資金が最優先される移籍市場に、何らかの影響を与えると思うためです。

 マルセイユのファンも、PSGが優勝するよりも、モナコが優勝するほうがまだ良いと思うのではないでしょうか。

 ベルナール・タピと八百長
 バランシエンヌ戦でそれは起こった

 というように、当時のリーグ1で絶大な影響力のあったマルセイユは、会長のタピの下で墓穴を掘り、栄えあるチャンピオンズ・カップの獲得は注意書きの扱いとなりました。

 マルセイユは当時の主力であるデシャンの指揮下、2010年にリーグ1優勝を果たし、これから最盛期を再度迎えようとしました。

 しかし、仇敵であるPSGが

 「カタール・スポーツ・インベストメント」の投資を受ける
 各国代表を買いあさり、先発の顔ぶれを世界選抜のような形にしてゆく

 事で自尊心を失います。

 「これでは彼らが欧州王者になってしまう」

 という恐怖が、マルセイユのファンと関係者に蔓延していると言います。

 ですから、PSGがバルセロナに逆転負けをしたことは、マルセイユにとっては愉快な出来事かもしれませんが、一方でモナコという伏兵が登場することまでは、考えなかったはずです。

 もしリーグ1のクラブから王者が誕生すれば、1995年優勝のアヤックスのように、一気に主力が移籍してゆく危険もあります。

 それでもモナコが優勝すれば、それだけの価値があるとも感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改めて思う、サッカー用具の... | トップ | 靴磨きをしながら思うこと »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。