塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

僕たちが自尊心をくすぐられる時とは

2016-10-31 11:02:02 | 日記
 サッカー選手が移籍してゆくものです。

 同様に僕たちも転職、部署移動で一つの場所に留まることは減少しています。

 今季ユヴェントスに移籍したイグアインが、ナポリのティフォージから強烈な痛罵を浴びましたが、選手に限らず人々は

 「惜しまれる去り際でありたい」
 「そして自分の存在価値を改めて確認したい」

 と思うものではないでしょうか?

 つまり、惜しまれる、後任人事が難航している、あの人が知らない間にこんなに作業をしてくれた、だから私たちは助かっていた、と思われることで自尊心を維持するというわけです。

 残念ながら、そのような事例はありませんがね。

 イグアインに限らずファンが激怒するのは

 1・ダービーとなるクラブへの移籍
 2・ダービーではないが宿敵と考えているクラブへの移籍

 がありますが、選手としてはその点での批判は考慮済みでしょう。

 イタリアではミランとインテル、ユーヴェとトリノ、ローマとラツイオ以外にフィオレンティーナとエンポリ、カターニャとパレルモ、キエーボとエラス・ヴェローナ。

 のように膨大は宿敵関係があります。

 ナポリとユヴェントスはかつてから指摘されている北と南の経済問題があるわけですが、マラドーナはその現実を逆転させることに成功した、ただ一つの事例です
 
 ユヴェントスファンとしては、イグアインの得点力は魅力的ですが、一方で彼らがスクデット獲得数と欧州制覇の数において

 「ナポリを凌駕している」

 からこそ、喧嘩をふっかけることはないのでしょう。

 イタリアでも金持ちは喧嘩せず、なのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕が思う責任者の存在意義 | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。