塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

コーチと両親が口出しする重圧を思う

2017-05-12 00:59:39 | 日記
 野茂さんとイチローさん。

 投手と野手で大リーグ移籍の先駆けとなった両選手は、くしくも仰木彬氏が監督として見守られていました。

 共通しているのは師事した人物だけでなく、トルネードと一本足という独特のフォームの持ち主であり、仰木さんはこの点を長所として考えましたが、殆どの関係者は矯正すべきと捉えていました。

 しかし、この技術が米国で生き抜く形になったことは、今ではよく知られています。

 一般論ですが

 日本人コーチは口を出しすぎ
 日本の親は子供に重圧を与えすぎ

 と指摘されます。

 野球だろうがサッカーだろうが、子供たちは口を挟められれば萎縮し、ミスを犯さないように周囲の顔色を窺うようになります。

 僕が小学生のころの草サッカーは攻撃だろうが守備だろうが、皆が思うように動いていましたし、用具が無くても凄く楽しいものでした。

 簡単に言えば

 「自分の判断で行動する」 
 「考えることの大切さ」

 を知らずに感じていたのでしょうね。

 今は運動会でも、順位を明確にせずに横一列での表彰がいあっぱん的になりました。

 これも親の口の出しすぎが要因と言えるでしょう。

 僕は口出しを我慢して、どうして子供がその行動にでたのか想像してみたらどうかと思います。

 案外、「こんなことを考えていたのか」と感心する事柄が見えてくるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おらがまちにサッカークラブ... | トップ | 今から思うチャンピオンズ・... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。