塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

サッカーは頗る健全な物言いではなかろうか

2016-10-12 01:06:34 | 日記
 昨日、こんなことがありました。

 予め本社で決定していた内容が一転して覆り、その準備を始めたところ、結局は最初の決定に逆戻りという意味のなさ。

 皆さんの業務がどうかわかりませんが、本社から重役が来て「ああでもない、こうでもない」と指摘し、帰ってゆくのに対し、本社がミスをすれば、ただ一枚の書面が送られ

 「このような手違いが生じました」
 「誠に申し訳ありません」

 という始末。

 本社は面と向かって末端の僕に罵声を飛ばしますが、僕は重役に罵声を飛ばす機会すらないわけです。

 こうしてみると、サッカーはすごく健全なのかもしれません。

 先日、長野パルセイロが堀江社長以下フロントの人間に対して成績不振の問題点を追及する一幕がありました。

 先日、その説明会がありまして、長野パルセイロ掲示板には参加した方の感想が数多く寄せられています。

 つまり、ファンが社長や監督に物申す機会があり、逆にフロントはピッチに物を投げ込んだり、人種差別を促す行動を起こしたファンを糾弾出来る仕組みがあります。

 日本代表もそうですよね。

 ハリルホジッチ監督に限らず、日本代表監督はメディアと対峙してきましたが、ファンも意見を述べています。

 逆に監督が

 「今は辛抱してほしい」
 「今日は良い試合ができた」

 と振り返ることもあります。

 プロ黎明期、横山監督の解任をファンが叫んだこともありましたし、岡田さんだってワールドカップの前にはさんざん批判されました。

 しかし、僕たちの業務では上から下へしか批判が飛ばない枠組みより、遥かにマシであることは間違いありません。

 東京都はそのことを理解しているのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし僕が代表監督ならばこん... | トップ | サッカー選手が起こした事故... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。