塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

改めて適切な投資方法を考えてみる

2016-12-31 22:07:43 | 日記
 僕が今通勤用に愛用している鞄は、イタリアのフェリージの品です。

 それまでは本当に様々な鞄を使ってきましたが、子のフェリージはたまたまブランド・バーゲンの売り場で見つけた商品で、半額で買えたのです。

 それでも最後まで悩んだうえでの買い物でしたが、愛用しておよそ2年、今では良い買い物をしたと思います。

 やはり、良い品はお金を払う価値があると思う一方で、使う側が審美眼を求められるのも確かです。

 インテルが2003シーズンにパルマからファビオ・カンナバーロを獲得します。

 しかし在籍2年の中で、彼がイタリア代表と同様の姿を見せたとかといえば案外そうではなく、そこには後に発覚するカルチョ・ポリ、つまりルチアーノ・モッジの影響が大きいと噂されたほどです。

 つまり、インテルで幾らか市場価値を落とし

 1・ユヴェントスが買いやすい値段で買う
 2・トリノの地で本領発揮

 というわけですが、本当のところはわかりません。

 インテルは実を言えば、アレッサンドロ・ネスタがほしいと考えていました。

 このイタリアア代表はご存知のようにミランに移籍しますが、財政で苦しむラツイオは60億円近い現金がほしいと考えており、さすがにモラッティもそこまでの資金が用意できなかったです。

 当時のミランは、今ほど財政基盤が悪化していなかったこともあり、彼はミランに移籍します。

 つまり、インテルはお茶を濁した移籍を行ってしまったのです。

 しかしインテルは当時も現在も指揮官が一定せず、就任2年目のクーペルもバック3に適した選手が多い中、3-4-1-2よりも自身が考える4-4-2で戦う方を選んだくらいでした。

 僕は時にお金は出し惜しみしない方が賢明かと思いますが、一方で使い勝手も考える必要があるとも感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブランドにみるホームページ... | トップ | 2017年はアンダーアーマ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事