塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

2017年は長崎県の年ではないか

2017-10-17 01:38:32 | 日記
 長崎県出身の方は、同郷である福山雅治さんの活躍がすごく励みになると言います。

 でも他にもさだまさしさんも長崎県出身として有名ですし、サッカーでいえば五輪代表の指揮官に就任する「ポイチさん」もそうですね。

 また今季はⅤ・ファーレン長崎がいよいよJ1昇格の可能性が非常に高まっていますし、高木監督、ジャパネットの子会社として運営に携わっている高田社長など、長崎県の方が気づいていないだけで僕は

 「長崎県の逞しさ」

 は2017年非常に目立っていると思います。

 僕は高校時代、修学旅行先が長崎県でした。

 今はもう笑い話ですが、当時の僕はクラスに話せる友人がおらず、修学旅行でのグループ行動が不安で、旅行そのものを欠席したいくらいでした。

 無理やりグループ分けされた中での行動ですから、僕も窮屈、残りの生徒も面白くはないが、異分子である僕を無視はできない。

 昼食のために入った中華屋で、円卓テーブルに案内された僕らは、それでも僕ひとりと他の生徒が近い位置に座るという、店員から見れば奇妙な集団だったと思いますね。

 本当は僕も本場のちゃんぽんを食べてみたいと思いましたが、カレーライスを注文し、以後は一人で行動する羽目になり、宿泊先に遅れて到着しひどく睨まれたことを思い出します。

 でも、本場のカステラは頗る上等な物でしたね。

 長崎県から戻る際は寝台の夜行列車で、僕はよく眠れました。

 当時は長崎県にも長野県にもプロサッカーの息吹など全く考えられず、J2でⅤ・ファーレンと山雅が戦えば、あの長距離をファンも移動するのが当然という、凄い世の中になりました。

 パルセイロも沖縄県や岩手県まで移動して戦いますし、サッカーの発展は同時にホテル、鉄道の発展にもつながるということが、改めて理解できます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なでしこの一戦、台風直撃の... | トップ | グリエーズマンというプーマの顔 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-10-17 17:04:50
いまもいないじゃん

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事