塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

馴染みのない土地に馴染むことの難しさ

2017-07-14 00:31:26 | 日記
 新潮社から刊行されている野崎孝訳「フィッツジェラルド短編集」の第一作品は「氷の宮殿」と言います。

 ジョージア州うまれのサリー・キャロル・ハーパーが、生まれ故郷を離れ北部、恐らくニューヨークでしょうが、生まれの男性の嫁ぎ、物語が進展してゆく形になります。

 デキシーと呼ばれる南部独特の価値観と、英国からの入植で生まれた北部の振興都市の間に流れる相違を、フィッツジェラルドは示しているわけですが、サッカーでいえばナポリとユヴェントスのようなものでしょうか。

 イグアインの移籍もひと悶着ありましたしね。

 それだけ故郷を飛び出し、異国や別の環境で暮らすことは大変ですし、機械が未発達だった当時は猶更、というわけです。

 通信機器がいくら発達しても、心、機敏を庇うことはできません。

 ハヴィエル・マスチェラーノがリバプールからバルサへ移籍したのも、彼自身というよりは

 「妻と子供がどうしてもリバプールの環境に馴染まない」

 という面にありました。

 マスチェラーノはコリンチャンス、ウエストハムを経てリバプールに加入しましたが、標準英語とは異なる英語、寒さが厳しい年よりも、アルゼンチンに近い気候と言語を知らず知らずに求めていたというわけです。

 逆にクラブからすれば、不可欠な選手でも

 「家族の存在を移籍理由にされる」

 ようでは、移籍話も致し方ないと思えるかは、経営状況にもよりますし難しい問題です。

 僕が仮に選手ならば、大都市やビッグクラブに移籍はしないでしょうね。

 ビジャレアルがこれだけ注目されるのも、温かい運営方針でありながらチャンピオンズ・リーグに出場という側面よりも、フォルランやリケルメ、ジュゼッペ・ロッシなど、多くの選手が蘇生したため。

 と僕は考えますし、ボローニャも同様でしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧州と日本の移籍市場を俯瞰して | トップ | 楽天のバルサ支援の様子を見て »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。