塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

南米型の実況が日本で不評な理由とは

2016-10-15 23:14:16 | 日記
 僕たちはテレビ中継を見て、選手の動き、監督の采配だけでなく、実況と解説にも合いの手を入れ、批評しますよね。

 でも、実況を担当する方の苦労は本人しかわかりませんが、選手名の把握から当日の芝の状態、風の方向、強さなど、中継席に座るまで調べものがたくさんある事は間違いありません。

 その実況、南米風の叫び声は日本では評判がよくありません。

 南米風に言えば

 ゴールを奪った選手名を絶叫する
 「ゴル・ゴル・ゴル」と幾度も繰り返す

 実況が特徴です。

 欧州では「ファンタスティック」「マンマ・ミーア」「オウ」など、同様に興奮したアナウンサーが我を忘れることがありますが、日本ではきっと中庸が求められるのでしょう。

 それは野球に起因しているように思います。

 日本テレビとジャイアンツ、そして読売新聞

 というように、マスメディアが球団をサポートして入れれば、必然的に実況や評価は甘口になります。

 タイガース以外の球団、日本シリーズであたるパ・リーグの王者これでは面白くないでしょうし

 「相手も尊重しろ」
 「甘い解説をするな」

 という意見もあったと思います。

 口うるさい、騒々しいという意見もあるでしょうが、日本でも日本ならではの実況を考えるときかもしれませんが、イラク戦の山口の得点のように、だれもが叫ぶゴールもあるものですが。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今自分は一人である、という... | トップ | 監督に、パーティ慣れは必要か »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。