塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

サッカーにおける「浪漫」は何だろうか

2017-06-18 21:04:56 | 日記
 「浪漫」という言葉を男はしばしま用います。

 サッカーに浪漫があるとすれば、ワールドカップの優勝や自身がオーナーになる、子供のころから好きだったクラブのスポンサーになるなど、様々な形があるでしょう。

 一方で歩み始めたクラブが、よちよち歩きから2本脚で独立独歩する姿を目撃することも、浪漫かもしれません。

 現在B2に所属する信州ブレイブ・ウォりーアーズが誕生初年度から熱心なファンを生んだのは

 1・千曲という長野県内でもさして人口が多くない都市をホームに指名した
 2・チアであるジャスパーズ、MCの三井さんなど、運営に携わる方が懸命であること

 の他に、誕生した瞬間から1部リーグで戦えたことがあると思います。

 今でこそバスケットも3部構成になりましたが、当時のbjリーグは1部リーグだけで運営していましたから、エクスパンションで誕生しても、同じ立場で参戦ができたのです。

 「地方でも1部で戦える」

 という材料が、観客動員の大きな要因になったと考えられます。

 リベルタス千曲も今は微々たる観客動員ですが、今後成績やスポンサー獲得で歩幅は大きくなってゆくと思います。

 すでにいくつかの情報として

 1・将軍リーベというマスコットを誕生させる
 2・長野工業高校を業務提携

 というように、未来を考えています。

 パルセイロも今では他の競技を支えるようになりましたが、バドウが指揮していたころは選手はアマチュアで仕事をしながら練習、試合を繰り返していました。

 ペナルティのような老舗から用具の提供を受け、専用スタジアムで試合ができるようになり、信越放送でレギュラー番組が持てるようになったのは、急激に成長を遂げたこの10年程度の年数にあります。

 この、クラブが育つ歩みを目の当たりにすること。

 これがサッカーの「浪漫」のように感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマチュアの中にその国サッ... | トップ | ドルトムントの今夏来日に感... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。