塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

アジア最終予選は初戦からクライマックス

2017-08-13 00:46:20 | 日記
 2007年に放送された「仮面ライダー電王」は、佐藤健さんの出世作として知られています。

 劇中の中でモモタロスという、変身する電王に宿るモンスターが

 「俺様は最初からクライマックスだぜ!!」

 と叫ぶシーン、ライダー好きなら覚えていらっしゃると思います。

 今回のアジア最終予選も、ある意味「最初からクライマックス!!」だったように感じます。

 現在の苦しい状況を思えば、誰しもが

 初戦のUAE戦で勝利していれば、勝ち点3が上積みされていたのに
 敵地のオーストラリア戦は勝てたのではないか
 ホームのイラク戦、1-1の引き分けでなく勝利だったら

 と思いますよね。

 しかし、これらに状況を求めるのは酷であり

 現政権になってから乏しい海外遠征の数
 そもそも海外リーグの招集に偏重となっていないか

 という点も考えるべきですし、UAE戦以後招集対象とはならない大島だって、チャンスは与えられるべきではないでしょうか。

 それにしてもオーストラリア戦まであと20日ですが、話題にならないのはそれだけ日本代表が魅力に乏しいのでしょうか?

 僕は既にテレビ中継がある8月31日、9月6日は休日申請をしており、日本代表がロシアに行けるかどうかを見極めます。

 本番直前になっていきなり特集を組む、簡単に言えばお茶を濁す各局の報道を無視し、自分なりに情報収集と監督の選手選考を考えたいと感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディアドラ、過去の名作スパ... | トップ | 改めて考える対オーストラリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。