塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

エミレーツ航空、サッカー界から撤退するのか

2017-06-14 21:28:14 | 日記
 先日、エミレーツ航空がサッカークラブのスポンサーを順次撤退していく、という報道を読みました。

 彼らが現在、アーセナル、ミラン、ハンブルク、そしてレアルの4クラブの胸スポンサーになっており、命名権を持つアーセナルのエミレーツ・スタジアムに関しては、契約最終年まで契約続行の意思があるとの事。

 サッカー選手が飛行機に乗り、移動することが当たり前の昨今、大手航空会社がサッカークラブのスポンサーになることは

 1・自社の恰好のアピール
 2・座席の乗り心地、クルーのサービス、料理の味などが最高ランクであることの証明

 になりますよね。

 そのメリットに思えることを捨てて、サッカー界から足を洗う表明をしたのは、やはり契約金の高騰があるためでしょうか。

 NBAのように、サラリーキャップを用いるリーグはありますが、NBAは米国国内で完結しているために問題が無いわけです。

 サッカーのように、いたるところにリーグがある場合は

 1.通貨は生活物価が異なるために、同一基準でサラリーキャップの導入は難しい
 2・リーグのみで提案しても、まずは却下されるはず
 3・従ってラツイオのように、クラブ独自のキャップを制定

 という形が一般的です。

 ミランがベルルスコーニの手を離れたとたん、景気の良い話が溢れるようになりましたが、サッカーはお金を生み出す道具をいつから探し始めるようになったのでしょうか。

 少なくとも、アディダスのように

 「チャンピオンズ・リーグ出場ができないなら、契約金を減額する」

 というような話、僕がサッカーに関心を抱き始めた1990年代前半には考えられませんでした。

 当時が極端に牧歌的、というわけでもありませんでしたが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月フットボール... | トップ | 日本代表に骨格はあるのか »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。