塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ライバルは必ずしも一人ではない

2016-10-17 06:43:03 | 日記
 イングランド代表とドイツ代表は、常にお互いを意識していると感じます。

 前者がホストとなって開催された欧州選手権96の際には、イングランドが第2次大戦を連想させる「降伏しろ」という見出しで挑発したくらいです。

 一方で両国ともに、別の意識する国もあります。

 イングランドならばバトル・オブ・ブリテンとささやかれるスコットランドとの一戦
 ドイツならば第2次大戦の影響が色濃いオランダ戦

 がそうですね。

 欧州選手権88でオランダがドイツを破って優勝した時、オランダ国民は壮快な気分をじあわったでしょうし、グリット、クーマン、ファン・バステンとあれだけの名手が揃う、稀な時代でした。

 そして長野パルセイロにも同様の事が言えます。

 パルセイロは山雅との一戦が一番バリューがあるのですが、一方で町田ゼルビアとの一戦も大切と考えています。

 不思議なもので、ゼルビア・ファンの方はパルセイロ・ファンを激励してくださる方が多く

 「是が非でも来季はJ2で戦いましょう」
 「野津田で皆様をお待ちしています」

 という声が掲示板でよく見られます。

 同じようにパルセイロ・ファンはゼルビアの奮闘をたたえており、そこには本来のスポーツマン・シップがあるように思われます。

 こうしたファンの声、お互いの切磋琢磨でライバルはライバル以上の存在として認知されてゆくのでしょう。

 僕は2014年、東和田でゼルビアを2-0で完封したことをよく思い出します。

 右サイドを山田が切り裂き、その折り返しをウノが決めたあの瞬間の感激、スタジアムのうねりを体感できたことが今でも体に残っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代表ジャージを別の角度から... | トップ | 過去と現在に語る材料はある... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。