塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

スマップ出演の映画「シュート」が大反響

2017-02-24 00:16:41 | 日記
 女性自身だったか週刊女性だったかうろ覚えなのですが。

 「横浜国際映画祭」

 という映画の催しで、解散したスマップ6人全員が出演した「シュート」が公開され、大きな反響を得ているという記事があります。

 シュートは週刊マガジンで連載された、大島司さんの代表作で、高校時代、ユースの遠征でドルトムントと戦う、主人公のトシは最終的にレアル・マドリーと契約してワールドカップに出場する。

 など、様々な場面があります。

 神谷はユヴェントス、平松はアーセナルと馴染みあるクラブも登場しますし、何より久保が語りかけた

 「トシ、サッカー好きか?」

 とう台詞は、ハイライトの一つに数えられます。

 当時のスマップはまだ駆け出しのころで、この映画公開時はデビューして2年半が経過したばかりとのこと。

 映画館には女性客が殺到し、若き日のスマップ、そして解散野など考えられない溌剌とした演技に、涙する方もいるそうです。

 僕は原作はある程度把握していますが、この映画自体は鑑賞の経験はありません。

 興行的には大成功だったらしく、きっとファンでなくとも楽しめたのでしょうね。

 ファンはきっと

 「このときのような笑顔を、皆が揃った顔でまた見たい」
 「5人が集う日を心待ちにしている」

 という気持ちを強く抱いたと想像します。

 サッカーファンも贔屓の選手が引退したときは、同じように刹那的な気持ちになるものですから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーニーは本当に中国でプレ... | トップ | アイマスクを購入し、眼をい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。