塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

天然繊維か合成繊維か、それが問題だ

2017-08-05 23:28:12 | 日記
 長野に出かけた際、久々に石井スポーツを覗いてみました。

 夏肌着も冬肌着も化学素材で吸汗速乾、保温機能と保っているわけですが、最近改めて綿、麻に羊毛と天然素材の持つ素晴らしさを感じる機会があったためです。

 石井スポーツはアウトドアの老舗ですから、キングギアで紹介されているミレーのメッシュTシャツを販売していましたし、フェニックス、ノース・フェイスの肌着も確認できました。

 一方でアイス・ブレイカーともう一つのブランドで

 「100パーセント・メリノウール」

 を用いた肌着も見つけました。

 後者の方がよりきめ細かいメリノウールを用いていたため、価格が高めでしたが、それでも買う価値はあったと思います。

 アイスブレイカーの方がセール品も含めて購入しやすい印象を受けました。

 サッカーシャツは当然化学素材ですから、皮膚炎を患う選手にはしんどいように思います。

 最近は日本でもオーガニック・コットンの流通が増えてきましたが、ジャージの内側にオーガニック・コットンを貼る、というジャージがあっても良いように感じる次第です。

 スパイクでも

 「天然素材か否か」

 という課題はあると思いますし、購入希望者の予算や好みもありますから、一概に天然素材が良いとも言えません。

 これから秋、冬へと気候が変化し、フリースやマイクロファイバーのような合成繊維の衣類が主流となります。

 肌着を天然素材にすることで肌への影響は軽減できると思いますが、サッカーでも天然素材への回帰が潮流になるべきではないか、と思う時があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パルセイロ関連のイベントに... | トップ | コスト・パフォーマンスをど... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。