塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ディバラ、足元のブラックアウトの正体は

2017-07-31 00:14:46 | 日記
 有名選手になればなるほど、移籍した際の金額とインパクトは大きくなります。

 同時に商売道具であるスパイクブランドを移籍する際にも、その詳細が語られるようになりました。

 ロナウドがデビューから一貫してナイキを選んでいるのは稀ではないでしょうか。

 日本代表では本田が常にミズノを愛用していますが、中村俊輔がアディダスと終身契約を結ぶ前はアシックスでしたし、イブラヒモビッチもナイキか、それともアディダスかで話題を振りまいています。

 ユヴェントスのアルゼンチン代表、パウロ・ディバラがナイキからプーマに移籍するのではないか、と囁かれています。

 写真で彼は真っ黒の、つまり契約先がわからないスパイクを履いています。

 スパイクマニアはこのブラックアウトをつぶさに観察した結果、どうやらプーマの新作である「ワン」らしいということを突きとめた、というのです。

 プーマと言えば

 1・バロテッリを軸に、世界中から個性的な選手を契約選手として迎え入れている
 2・一方でグリエーズマンや長谷部のように、代表の軸でありながらも真面目な選手も支援している

 というように、相反する形の選手がいますよね。

 ディバラはもちろん後者になるわけですが

 「代表における、メッシの正統後継者」
 「ユヴェントスの将来を担う選手」

 という評判からみれば、プーマが迎え入れた場合のインパクトは凄く大きいと思います。

 現段階では仮定に話にすぎませんが、シーズンが開幕するころにはプーマの広告塔としてディバラの姿が見られるように感じます。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野パルセイロ・レディース... | トップ | 本革製品のねらい目が何時か »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事