塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

柴崎岳、テネリフェで本領発揮か

2017-06-19 10:20:09 | 日記
 人間「住めば都」という格言があるように、移住先でもなんとかやっていけるものかもしれません。

 移籍当初、テネリフェという土地と相性の悪さが指摘されていた柴崎が、ここにきて指揮官から多くの賞賛を集めています。

 テネリフェの布陣、柴崎の役割が僕にはわかりかねるのですが、きっと充実した日々に変化しているはずです。

 この心境の変化には、彼の希望が役割を果たしていると思います。

 青森山田高校から国内屈指の強豪、鹿島アントラーズへ入団し、ナビスコカップの優勝やレアル・マドリーとの一戦など、柴崎からすれば学ぶべき事柄は多かった、しかしその根っこにはいつも

 「海外でプレイし、更に高みを目指す」

 という気持ちがあったのでしょう。

 「念願かなってスペインに来れたんだ」
 「適応に時間がかかっている、それが何だ」
 「アントラーズの同僚たちも、快く送り出してくれたのだから、テネリフェでもやらなくては」

 はなど、葛藤はあったでしょう、しかし不安をやる気が打ち消した。

 そんな気がします。

 以前、柴崎の存在に言及したコラムの中で、4-4-2よりも4-3-3のインテリオールが適役という話があったと記憶しています。

 日本代表は現在、4-3-3を基本布陣にしながらも、4-2-3-1を併用する形にしていますが、前者では柴崎、フェーレンフェーンの小林、ザルツブルクの南野など、使える選手の幅が増える気がします。

 案外柴崎の再招集は早まるかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パルマ、わずか2年でセリエBへ | トップ | サッカーとラグビーの垣根 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。