塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

野人オカノ、学生時代を赤裸々告白

2017-12-12 00:32:36 | 日記
 長野朝日放送(首都圏ではテレビ朝日)が月曜の23時15分から放送している

 「激レアさんを連れてきた」

 が僕は大好きなんですよね。

 先ほど終えたばかりの放送回では、ガイナーレ鳥取で奮闘している岡野雅行氏が登場し、学生時代の様子を赤裸々に語り、スタジオが幾度も爆笑に包まれ、時にはしんみりした空気になりました。

 最後に登場した先輩のトガノさんが、現在はガイナーレの取締役社長を務めているエピソードは、サッカー好きでも驚いたと思います。

 今では考えられないと思いますが、岡野はワールドカップに出場しただけでなく

 1・アヤックス・アムステルダムの練習に参加し、現地でも獲得が噂された
 2・日本市場におけるリーボックの顔役

 という二つの側面を過去持っていました。

 リーボックは現在、中村アンが広告塔、その前は北川景子というように、フィットネスや美容にこだわる女性に訴える企画が多いと感じますが、90年代の彼らはサッカーでもバスケットでも、オーセンティック・ブランドとして認知されていました。

 18時に閉まる寮生活
 ヤンキー先輩と過ごす日々
 サッカーでの大乱闘

 僕も大笑いしながら鑑賞していましたが、これが笑い話になっているのは

 トガノさんと今でも続く間柄
 ヤンキー先輩たちがサッカーだけでなく、学力にも力を注いだ
 現在も岡野だけでなく、皆がサッカーを忘れていない

 という、「今」があるからこそでしょう。

 レッズ、ヴィッセルとJリーグを渡り歩き、今は3部で将来を見据えている彼が、今後どのような企画でガイナーレをアピールするのか、楽しみな方が増えた気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レインボーシューズという取... | トップ | 北朝鮮代表の来日について »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事