塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

端役がいるからこそ主役が輝くという気持ち

2017-05-17 15:01:47 | 日記
 長野パルセイロのスコアを店頭に掲げていたレンタルビデオ店のファイブスター。

 その跡地はファミリーマートが開店しましたね。

 日本代表を支援する企業が増えるのはありがたい一方で、セーブオンやサークルK・サンクスの名前が消える、つまり、セブンとファミマ、ローソンという御三家がどこに出かけても現れる形になります。

 長野県内にがミニ・ストップが無いので、尚の事、この3店がしのぎを削る形になります。

 僕はこの現象、凄くつまらなく見えます。

 今「地サイダー」という、昔ながらのサイダーや特産物を用いたサイダーなど、サイダーで差別化しようとする傾向が増えています。

 逆に言えば人間は多様な中に価値を見出すように思います。

 サッカーでもマクロンやエレアが存在価値を見せ、アンダーアーマーやニューバランスが独自性を発揮し、アンブロもかつての勢いを取り戻している印象を受けます。

 ナイキやアディダスがあるから、彼らが光る
 彼らが光るから大手が光る

 サッカーでも実生活でも同じではないでしょうか。

 もし僕が演劇愛好家ならば、間違いなく端役になりたいと思うでしょうが、それは僕に主役を演じられる力量もなく、同時に隅野方があっていると思うためです。

 ファミリーマートはサークルKの看板を急ピッチで変更していますが、やはり寂しいと思いますし、サークルKの持つ個性は不要なのでしょうか。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカー・スパイクでも復刻... | トップ | 大人の会話は誰かを護るため... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。