塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

業を煮やして移籍することは得策か

2017-11-14 01:44:18 | 日記
 NBA好きならご存知ですが、チャンピオンチームには「チャンピオン・リング」と呼ばれる指輪が選手に与えられます。

 マイケル・ジョーダンはリングを6個
 マジック・ジョンソンならば5個
 ラリー・バードは3個

 という塩梅ですが、中にはリングを夢見て移籍を決断する事例もあります。

 近年ですとクリーブランドに復帰前のレブロン・ジェームスがマイアミ・ヒートに移籍する決断を下して全米中で論争を引き起こしました。

 古い例では1993年、チャールズ・バークリーがフィラデルフィラからフェニックスに移籍し、レギュラーシーズンⅯVPを獲得するものの、決勝でシカゴに敗れ優勝できなかった事例が印象深いものです。

 業を煮やして移籍しても、思うようにはいかないものですが、選手が描く

 「移籍してでも優勝したい」

 という気持ちをとがめる事はできません。

 もしフロンターレから中村が移籍するとします。

 彼は当然フロンターレで何かしらの優勝を味わいたいと思っていますし、それはフロントもファンも同様です。

 しかし、ここまで幾度も2位を味わい、トロフィーを縁がないままであることに焦りを感じて移籍するとします。

 ファンは悲しみ、憤怒、それとも致し方ない、どのような感情を抱くでしょうか。

 2016シーズンのリーグMVP
 2010年ワールドカップ日本代表

 足りないのは本当にフロンターレでトロフィーを得ることだけのように思えますが、彼にとっての優勝はあくまでもフロンターレで味わうものであり、仮にアントラーズから打診があっても首を縦に振ることは無いでしょうね。

 さて、今季のJ1、優勝はどこになるでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選手は前を向き続けるからこ... | トップ | 2018年の夏、イタリアは... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事