塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

楽天のバルサ支援の様子を見て

2017-07-14 00:41:50 | 日記
 遂に楽天のロゴが胸元に刻まれた、新シーズンのバルセロナのジャージがお披露目となりました。

 三木谷社長がしたたかなのは、選手たちにバルサだけでなく、ヴィッセルのジャージも持たせたことで、これにはナイキだけでなく、アシックスにも恩恵があったと感じました。

 同時に海外クラブを日本企業が支援すれば、より大きな見返りが生まれる可能性があること、外国籍を含む本当に必要な選手が獲得できれば、宣伝費用をかけなくとも、メディアとファンが勝手に紹介するようになる。

 良い事例と感じました。

 一方で、「ああ、彼らは日本らしいな」と思えるのは横浜タイヤです。

 横浜タイヤが楽天のように、大々的にレセプション・パーティを開き

 「我々はチェルシーの公式スポンサーです」
 「彼らの優勝を喜びましょう」

 とあおらなかったことは、控えめという気質が知れ渡っている、日本人どくどくの価値観のように思えました。

 ピケやネイマールが訪問したように、チェルシーの選手たちが横浜タイヤを表敬訪問した、という話は聞きませんしね。

 それでも過去、シャープ、ソニー、スバル、沖電気など多くの日本企業がイタリア、イングランドを軸に胸スポンサーになっていたことを思うと、また日本企業がサッカーを軸に展開を図る時期が来た。

 と言えるのかもしれません。

 車関係でいえば、トヨタ(フィオレンティーナなど)マツダ(ローマ)、ピレリ(インテル)というように、サッカーとの結びつきが強い企業があります。

 選手の多くは車好き、という側面がありますが、日本が世界有数の車輸出国であることも影響しているように感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馴染みのない土地に馴染むこ... | トップ | 泊、坂本の2選手が日本代表... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。