塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

担当者から見るスパイクの在り方

2017-06-16 01:26:20 | 日記
 ミズノのレビュラ担当者は、本田と岡崎、そして吉田のプレイぶりがどうなのか、今回の代表戦で凄く気になったと思います。

 ミズノからすればバサラとイグニタスの両品番から、レビュラの開発、移行となったわけですが、3選手ともまだ履きなれていなかったと思いますが、シリア戦とイラク戦と注目度の高い試合での着用にはなりました。

 昔読んだ雑誌でアンブロの方が

 「テレビ画面で遠藤選手の足元にめをやるんです」
 「手渡しした新作スパイクが確認できると、それだけでほっとしますよ」

 と語っていたと記憶しています。

 ブランドからすれば新作を履いてほしい
 選手からすれば慣れた靴を履きたい
 従ってブランドは、選手の意思を尊重する

 というお互いの意見をすり合わせるわけですが、流行りのニットは馴染みやすいという点で、担当者の心理的負担が軽減できているのかもしれません。

 アディダス契約選手がエックスとエースに切り替わった直後に、F50を軸に旧作を履いていたのは、やはり自分の履きたい靴が廃盤になった寂しさもあったと思いますが、それよりも

 「履きやすさと動きやすさ」

 を手放したくなかったのだと思います。

 一説には、契約選手が少ないブランド、小規模ブランドは選手に徹底的なカスタマイズが施された靴が提供されると言いますし、ビッグブランドにはない小回りの良さがあります。

 過去にはカズが日の丸を刺しゅうしていましたが、吉田が同様の試みをしているのは、彼が主将としての任務に集中したい現れのように思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロナウドが生み出す肌着を見て | トップ | コール元ドイツ首相の訃報に... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事