塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ユナイテッド、ロナウド獲得に本腰か

2017-06-20 11:11:18 | 日記
 ユナイテッドが金銭にデ・ヘアを加えて、ロナウドの獲得に全力をあげると指摘されています。

 ワールド・サッカーダイジェストでポルトガルのコラムを掲載しているルノ・ルス氏は以前から

 レアルが彼の契約を見直し、報酬を満足に提供しなかった事
 一方でユナイテッドは、契約を随時見直してロナウドの活躍の答えていたこと

 を指摘しています。

 報酬も金銭ならば、脱税疑惑も金銭というように、お金がらみという点は皮肉ですが、ロナウドがプレミアに復帰するのは、リーグ1がまだまだ国際的な知名度と実力が備わっていないという形のためでしょうか。

 僕の考えですが、この移籍が実現すればメリットはレアルの方が一方的に多いと思います。

 1・デ・ヘアという実力者の加入。
 2・契約違約金が145億円と囁かれるが、これはロナウド獲得に支払った資金を超えている
 3・30代の選手をこれだけ高値で売却できる瞬間はこないかもしれない
 4・アザルを軸に、契約できるであろう選手にアプローチができる

 というように、会長のペレスからすれば良い取引になると感じます。

 日程と冬の厳しさ

 10代後半からプレイしてきた馴染みあるリーグとはいえ、フィジカル・コンディションの下降が懸念され、多くのポジションで補強が必要と囁かれるユナイテッドからすれば、この取引は

 「節操がない」

 ように思えます。

 モウリーニョとのいさかいが事実だったとすれば、ロナウドにとって復帰は苦労するように感じます。

 イブラとルーニーが離脱すれば、ロナウドをサポートする面子も充実させなくてはいけませんしね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャンプでサッカー漫画が連... | トップ | パルセイロ、今日は天皇杯で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。