塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ホーズを履く習慣を得るために

2017-07-11 01:37:26 | 日記
 前回お話しした「ホーズ」というのは、日本語にあてはめると、ふくらはぎ全体を覆う長靴下を指します。

 英国製やイタリア製は上質な物であれば3000円、4000円しますし、日本製でも1000円代中頃は必要となります。

 中には1000円以下で手に入ることもありますが、単純に単価が高いことは、日本は湿度が高く衣類で覆う部分が多ければ多いほど、汗をかきやすいため浸透しにくい側面がありますね。

 僕は随分前からホーズしか履きませんが、そのためでしょうか、膝裏はホーズの後がくっきりと残り、ただれて痒いくらいです。

 しかし、踝丈の靴下をビジネスで履くのはご法度ですし、何より僕自身、ホーズ以外のソックスは安心感が感じられません。

 サッカーでストッキングを選手が愛用するのは、当然脛当てを用いる点も大切ですが

 ふくらはぎまで覆う方が見栄えが良い
 肌を露出することはみっともない

 という側面もあると思います。

 かりに脛当てなしでアンクル・ソックスでサッカーをするとすれば、どこか貧弱な印象を受けると思います。

 都心の方はビームスやシップスにいけば、高額ではないホースを買い求めることが可能でしょう。

 僕のような地方に住む人間は丹念に探すしかありませんが、ホーズを履く習慣さえ身につければ、それだけで株が上がると思います。

 グアルディオラやマンチーニのスーツ姿が取り上げられることがありますが、当然彼らもホーズを履いているはずですし、足元の肌の露出はやはり避けなくてはいけません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカーと実生活におけるマ... | トップ | J1とドイツで起きた移籍話から »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事