塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

改めて思うロシアの気候と風土

2017-07-01 00:28:23 | 日記
 日本は梅雨で傘が手放せない時期です。

 コンフェデレーションズ・カップに参戦しているオーストラリア代表は、8月31日が大変な酷暑であると見通し、J1でプレイする選手を多く招集すると囁かれています。

 その中には先日までFC東京に在籍していたネイサン・バーンズの名前も確認できましたね。

 サッカーにおける守備の通説に

 マンマークからゾーンの切り替えに違和感は少ない
 一方でゾーンからマンマークへの切り替えは、非常に難しい

 があります。

 では、戦術面ではなく気候、風土面はどうなのでしょうか。

 仮に日本がロシア・ワールドカップに出場するとします。

 1・陽射しの強い日本ではどの程度練習すべきなのか
 2・合宿地はどこに設けて、何日滞在した後のロシアへ移動すべきか
 3・そもそも今の時期、ロシアの気温はどの程度なのか

 など、把握することは多いと思うのです。

 ロシアはウクライナやクリミア、南オセチアなどで火種を抱えていますし、ロシア周辺諸国であればジョージアやポーランドあたりが似た環境と推測します。

 ただ、涼しい国が暑い国へ移動するよりも、暑い国が涼しい国へ移動するほうが、心身への負担は少ないように思えます。

 ロシアへオーストラリアの偵察へ向かったハリルホジッチ監督は、気候に関しても帰国後に感想を述べるべきでしょうね。

 ちなみにコンフェデ杯のコラムを読むと、警備やボランティアの方はマスメディアに大変親切であり、僕らが勝手に抱きがちな

 「ロシア語しか話さない」
 「冷たい印象を残す」

 という発想が打ち消されている面は多いようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性に対する価値観。変化の... | トップ | メッシの結婚話から思うこと »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。