塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

サッカー選手が起こした事故について

2016-10-12 01:22:55 | 日記
 東京ヴェルディ所属の南秀仁が過去に起こした交通事故のため、今季の残り試合をすべて欠場することになりました。

 これはスポニチ・アネックスが報じており、執行猶予は3年で禁固が10か月ということですが、サッカー選手に限らず車の運転には注意しないといけません。

 当然、ヴェルディにとっては痛手です。

 その一方で僕は別の点が気になります。

 スポニチ・アネックスが用意した彼の写真、足元がナイキなんですね。

 彼はディアドラと契約しているはずで、実際今もディアドラ公式ホームページでは、スポンサーの項目で彼の姿を確認できます。

 ナイキにしてもディアドラにしても、自社の契約選手が不祥事を起こしますと

 「自社ブランドの印象が悪くなる」
 「準備していたプロモーションの破棄」

 など、多くのマイナスが生じます。

 ブラジルですとエジムンドが起こした交通事故で死者がでたように、どうもサッカー選手は交通事故を起こす印象が強いように思いますが、気のせいでしょうか

 ディアドラがこの報道を受け、南との契約をどうするのか僕にはわかりません。

 ディアドラはアントニオ・カッサーノが無所属になった際に、スポンサー契約を終えたようですし、南との契約は日本市場で起点になっていたはずです。

 南は控訴しないということですから、彼にとっても大きな転換期になりそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカーは頗る健全な物言い... | トップ | 今年もカレンダーの時期にな... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。