塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

Jリーグがカレンダーを欧州式に合わせたい気持ちはわかりますが

2017-11-17 21:35:10 | 日記
 長野県は県全体が広いために、降雪、積雪の量に差があります。

 新潟県との県境である栄村、志賀高原のある山ノ内町、五輪会場となった白馬村、このあたりは毎年多くのスキー客や雪かきの映像が用いられます。

 一方で僕の住む千曲市、南の坂城町、上田市はさほどの降雪はありませんが、雪かきが必要な場合は多いですね。

 Jリーグがより選手と密接な科関係が持てる、飽きの開幕、春先に閉幕という欧州リーグと同様のスケジュールを導入したい気持ちはよくわかります。

 ただ、僕が危惧するのは、試合の開催そのものでも、スタジアムでどう暖を取るのか、という点ではありません。

 1・試合当日に積雪が予想された際、ファンと選手が交通渋滞に巻き込まれたらどうするのか
 2・試合のさなかから大雪の気配が漂い始めた場合、敵地まで応援に来たファンはどう帰宅すればよいのか

 という2点はやはり考えるべきではないでしょうか。

 2014年初頭の大雪は、かつて僕が住んでいた甲府市を直撃し、甲府駅前が幾度もテレビに映し出されました。

 当然ですがヴァンフォーレも試合開催に苦労しましたし、とりわけ母は

 「あんたが甲府に住んでいなくてよかったよ」
 「もし山梨学院在学中にあんな雪があったら、心配で眠れなかったよ」

 と語ったほどです。

 大雪ともなれば、地元のファンでも帰宅に苦労しますし、駅前のホテルはすぐに埋まってしまい、食事もとる事が難しくなります。

 ファンの交通手段をリーグが考える必要はありません。

 ただ、そこまでの配慮を考えてみることも一考と思ったにすぎません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の口から自分の優秀さを... | トップ | 個性を伸ばすというのはたや... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事