塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

カタルーニャの住民投票を気にしながら

2017-10-15 01:50:12 | 日記
 スペインのラホイ首相は、カタルーニャが独立のために選挙を行ったこと自体、スペイン憲法違反だと語気を強めます。

 大統領が懸念しているのは、恐らくバルセロナという観光、産業でスペインを支えている地域を失うことではなく

 ガリシア クラブならばセルタとラ・コルーニャ
 バスク クラブならばビルバオとソシエダ
 アンダルシア クラブならばセビージャとべティス

 というように、首都マドリード以外の地域が続々と独立を目指し、国としての体を失うことだと想像します。

 連合王国を形成する英国も、スコットランドが独立するかどうかで近年揉めていますよね。

 英国の場合はアイルランド、北アイルランドの問題もありますし、火種は昔からあったわけです。

 90年代ならば旧ユーゴ連邦の諍いがサッカーに大きく及ぼしましたし、今後も世界規模で何等かの民族運動は起こり続けるのでしょうね。

 通常南北問題と言えばイタリアが有名です。

 北のトリノやミラノが南のナポリやシラクサを経済面で支えている、この事例が皮肉にもカルチョに刺激を与えていますが、実はドイツでもこの問題があります。

 ドイツは逆で北のブレーメンよりも、南部のバイエルンの方が経済的に優位であり、同時にサッカーでも常に盟主であるという構造を持ちます。

 欧州は常に
 
 「スーパーリーグ構想」
 「テレビ放映権の分配」

 について各国で紛糾していますが、独立問題が相次げばサッカーの運営そのものも変化するでしょう。

 カタルーニャの場合、注目すべきはむしろ王室よりと言われるエスパニョールであり、彼らからすれば住民投票での独立が成立した場合、行き場所を失う可能性があるような気がしてなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なでしこジャパンのポスターを見ながらよぎった考え

2017-10-15 01:34:05 | 日記
 僕は今月22日に行われる、なでしこの代表戦のチケットを入手していません。

 我がホーム、南長野でインターナショナルAマッチが観戦できるチャンスではありますが、休日申請が受理されているかどうか、今日の段階でも未確定にためなのです。

 正直、入場券の売上はさほどではなく、協会は先着順でタオルマフラーをプレゼントするそうですから、お買い得であるのは確かです。

 サポート・カンパニーでるファミリーマートには、この試合のポスターが掲示されています。

 これが長野開催のための長野県限定ポスターなのか、首都圏でも掲示されているのかはわかりません。

 選手で確認できるのは、鮫島(神戸)阪口、長谷川(ベレーザ)、横山(フランクフルト)、熊谷(リヨン)、猶本(浦和)というお馴染みの顔ぶれですが、同時に感じたのは

 「なでしこリーグの結果は追いかけているつもりだが、判別できない選手もいるなあ」
 「関心のない方からすれば、選手の顔はおろか名前すら浮かばないに違いない」

 というものです。

 今思うと、2011年から12年までのなでしこリーグと代表戦は、ある意味

 「放映権バブル」

 だったと思いますし、あれほどいた観戦者はどこにいってしまったのでしょうか。

 逆に言えば今こそ、本当のファンかどうか、日本の女子サッカーを監督と選手たちだけに任せるのではなく

 「ファンがお金を払うこと」
 「観戦し、運営面も含めて長所と短所を意見できるように」

 する環境が整ったと感じます。

 僕は日本代表ジャージであふれかえる篠ノ井駅周辺も見てみたいという、ある種の怖いもの見たさもあります。

 周辺の飲食店やスーパーは、きっと多くの代表ファン、そしてスイスからの方で満席になるのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕が水にケチな理由

2017-10-15 01:16:00 | 日記
 僕は毎日洗い物をします。

 でも水量は控えめ、ジャージャー威勢よく水を使うことはありません。

 「そんな水量じゃあ、茶碗や皿の汚れは落ちないぞ」
 「メーターを気にしないで、もっと使っていいぞ」

 と両親は言いますが、僕が気にしているのは料金よりも使用料にあるんです。

 これは無意識のうちにサッカーを考えているためでしょうね。

 例えば先日、日本代表に勝利してワールドカップ出場を決めたサウジアラビア。

 日本でもサウジでも「湯水のように使う」という表現がありますが、サウジでは王侯貴族はともかく、庶民からすれば水はいつの時代でも貴重品です。

 ですから日本では湯水、つまりじゃんじゃん使いたい放題と捉えられるこの言葉、サウジでは文字どおり
 
 「大切な水同様に大切に扱う」

 事を意味するのです。

 サウジだけでなく、内戦の混乱が続くイエメン、ヨルダン、そしてシリアなど、衣食住で満足のいく生活ができない中東地域で、飲料水を確保することは本当に困難でしょうし、疫病が流行らない事を願ってやみません。

 日本人は大変な風呂好きですが、確かに清潔であることは疫病の撲滅になりますし、体を休める最適の方法です。

 でも、それは日本が水産資源に恵まれ、同時に水道技術が発達しているためです。

 鹿島アントラーズのスポンサーであるリクシルが、アフリカ諸国で衛生面をサポートするため、現地住民の雇用を踏まえつつ簡易トイレを手掛けていますね。

 これもアントラーズという日本屈指の強豪を支援している賜物ではないでしょうか。

 サッカーを知れば世界が見える
 サッカーを知れば社会貢献がしたくなる

 僕らにとって当然の出来事が、諸外国では羨望のまなざしという側面、忘れてはいけませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加