長野市で失敗しない家づくり一級建築士と共に設計し社員大工が、あなたの為に丁寧に造る低燃費、木の家、長野市でエコ生活する。

長野市で失敗しない家づくり設計士と共に
社員大工が手造りストレスのない
健康、快適、美しい木の家づくり現場の毎日

職場体験学習#長野市#失敗しない家づくり#住宅資金#ホントウに#社員大工が#あなたの為に#心を込めて#手造り#OM#信州健康エコ住宅#笑顔#現場#低燃費#木の家#

2016-10-16 12:08:38 | 失敗しない家づくり
 
(●^o^●)(●^o^●)
(●^o^●)
お元気様です!
今日もあなたに
私の
ブログを開いていただき
心より
感謝を申し上げます。


今朝6時
外気温5℃暖房器具を出しましたか?
日中は
20℃を越えそうですが
一雨ごとに秋が深まります。
あなたの
目の前の大切な人と共に
十二分に今をお楽しみくださいね。

今日は、あなたに
地元の
北部中学校2年生の職場体験学習で
生徒さん2名を受け入れ
家が
完成するまでを体験する
お手伝いをさせて頂いた一日を
写真でお伝えしますね。

杜の家に
K君は若槻東条から
S君は若槻団地から
朝8時前に自転車で集合!

日程の確認と
ヘルメットのサイズを合わせ
現場へ

最初は
建物の荷重を地盤に伝える
地盤改良の現場です!
 

先週から
木組みを開始した
毛利棟梁の現場へ伺いました。

 

 

 

4月に入社した
上原さんが地上8mの屋根のトップで
酒井さんと作業中ですね。
 

恐る恐る足場の上に
 

釘を打つ
機械の釘を見せて頂きました。
 

お礼に現場の木屑を清掃!
 

基礎工事担当の小山さんが
鉄筋を組み立て中の現場を体験!
 

現場の近くの神社で正式な
参拝の
練習後に今日一日の
無事をお祈り!
 

移動の途中でお昼休憩!
 

 

二人とも朝早くから
お母さんが手造りして頂いた
愛情弁当を
美味しそうに食べていました。
 

 

私も
光恵さんの手造り弁当を頂きましたよ。
 

長野オリンピックのMウエーブの公園は
紅葉が始まり
  

 
ドングリが一面に広がっていましたよ。
 

 

設計の最初は
お客様の要望をお聴きし暮らし提案の
前に敷地の状況を確認します。
 
二人と敷地から
見える景色、日当たり、敷地の高低差
ライフライン、敷地境界、方位、・・・
を確認しました。
 

 

 

リンゴ畑を通過し
 

お引き渡しする建物へ
 

太陽の光を電気にするシステムの
モニターを確認しました。
 

K君
樹齢300年の木曽桧
大黒柱の背割りは???
質問がありました。
 

背割りは見える面にひび割れが
出ないように
木曽桧の中心まで切れ目を入れ
と説明しました。

  
最後に
床を造る作業中の北山棟梁の
お手伝いを
させて頂きました。
 

杜の家へ
予定時間に帰り今日のまとめ!
K君はタイムキーパー
S君は私のカバ持ち
一日ありがとう!

本当に幸せな時間に感謝し
二人を見送りました。

 

あなたの今が
幸せに
包まれますように
心より
ご祈念を申し上げます。
 

長野市・木の家・低燃費注文住宅・
スロープラスな暮らしを提案 
うれし徳武の新ホームページへ戻る

長野市#失敗しない家造り#


注文住宅#木の家専門店#
うれし徳武#
OMクワトロソーラー#
家族と楽しく#帰りたくなる家#
幸せを考える#
スロープラスな暮らしを造る#

地球環境#共生#
自然#
地域に貢献#ふるさと#
リノベーション#

BELS#CASBEE#
ZEH#ゼロエネルギー#
原子力発電の無い日本#
戦争をしない国#

自然素材#長期優良住宅#
長野県産木材#木曽桧#北信スギ#
OMソーラー生活展示場 杜の家#

社員大工さん#手造り#安全#健康#快適#美しい#
子供達に残す#
信州健康エコ住宅#
木の家#
低燃費#ずっと笑顔をつなぐ家#
パッシブデザイン住宅#
持続可能な社会#

 

 

 

 

 

 

 

 

 
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を正し続ける#長野市#... | トップ | バス見学会in小布施町#長野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。