goo

三田栗で作るバニラ風味のマロンクリーム



前回のスコップモンブランに使った




自家製マロンクリームの作り方はこちらです





<材料>作りやすい分量
・三田栗(大粒) ゆでで皮をとったもの220g
 *皮つきで約300g
・水150ml
・グラニュー糖 170g
・バニラペースト 小さじ1/2
・ブランデー 小さじ1


<作り方>
1.塩少量を加えた水に栗を入れて1時間ほど茹でる
(パスタを茹でる塩加減くらいで)


2.栗をザルにあげ 粗熱がとれたら半分に切り中身を取り出す




3.2とグラニュー糖と水を鍋に入れ
沸騰したら弱めの中火でアクをとりながら煮詰める




4.鍋の底にヘラで筋が描けるようになれば火を止め
ブレンダーでつぶす(または裏ごす)
*まだまだ水分が残っている状態でつぶしてOKです




5.最後にバニラペーストとブランデーを混ぜて完成



保存は殺菌した瓶やジブロックに詰め冷蔵保存してください


☆美味しい三田栗で作る渋皮煮の作り方はこちらです




☆ごはんが真っ白な栗ご飯の炊き方はこちらです



↓↓ラテアートやお料理の動画をyoutubeで配信中です



にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ

copyright© ”こなこな研究室 K.K laboratory ” All Rights Reserved.
°・:,。★\(^-^ )♪ Thanks for your click ♪ ( ^-^)/★,。・:・°

ただいまコメント欄は非公開にしております。
お仕事のご依頼等はこちらへご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
*** 心温まるコメントをお寄せいただき有難うございます non ***
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

栗そぼろどっさり!三田栗のスコップモンブラン



紅茶風味のスポンジ生地に
マロンクリーム入りの生クリームを重ね

茹でてそぼろ状にした三田栗を
どっさりとふりかけた上に 渋皮煮もドーン!

贅沢すぎる今日のおやつは
名付けて 「スコップモンブラン」




作り方はこちらです

<材料>22×17×3cmの器用
・三田栗 約15個分
・スポンジ生地 1枚 
・シロップ 大さじ2
・生クリーム 100ml
・三田栗のマロンクリーム 100g
・三田栗の渋皮煮 6個ほど


<作り方>
1.栗は塩を加えた水に鬼皮のまま入れて1時間ほど茹でる
温かいうちに半分に切り スプーンで中身を取りだす




2.器にスポンジを敷きシロップを塗る


3.八分立てにした生クリームにマロンクリームを混ぜ 2に均一に塗る




3.栗のそぼろを3にふんわりとのせ 渋皮煮を飾る




*スポンジの作り方は
☆1 ☆2 ☆3 をクリックしてください
(牛乳の代わりに濃く入れた紅茶を使用します)




*三田栗の渋皮煮の作り方は こちらをクリックしてください
1の工程のシロップは渋皮煮の煮汁を少し煮詰めたものを使っています




*三田栗のマロンジャムの作り方は次回ご紹介します

↓↓ラテアートやお料理の動画をyoutubeで配信中です



にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ

copyright© ”こなこな研究室 K.K laboratory ” All Rights Reserved.
°・:,。★\(^-^ )♪ Thanks for your click ♪ ( ^-^)/★,。・:・°

ただいまコメント欄は非公開にしております。
お仕事のご依頼等はこちらへご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
*** 心温まるコメントをお寄せいただき有難うございます non ***
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シンプルが美味しい!三田栗のごはん




三田栗を使った栗ごはん
今年も美味しく炊けました





<材料>4人分
・三田栗 大粒16個ほど
・米 2合
・ゲランドの塩 約小さじ1

<作り方>
1.栗は使う前日に皮を剥き 水にさらして冷蔵庫でひと晩アク抜きする
(炊きあがったお米が変色しにくく 栗も割れにくくなります)
2.洗った米と炊飯器の指定量の水を釜にセットして1時間ほど吸水させる
3.炊く前にゲランドの塩を加えてひと混ぜし 栗をのせて炊き上げる
(塩加減は米の漬け汁を味見して 少ししょっぱいくらいが適量です)


お昆布やお酒などを使うレシピもありますが
お塩だけで 三田栗そのものの味を楽しむ
こな研こだわりのシンプルレシピです

ぜひ お塩にもこだわって作ってくださいね

↓↓ラテアートやお料理の動画をyoutubeで配信中です



にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ

copyright© ”こなこな研究室 K.K laboratory ” All Rights Reserved.
°・:,。★\(^-^ )♪ Thanks for your click ♪ ( ^-^)/★,。・:・°

ただいまコメント欄は非公開にしております。
お仕事のご依頼等はこちらへご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
*** 心温まるコメントをお寄せいただき有難うございます non ***
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

湘南おすすめ☆かぼちゃスイーツ@モン・グーテさん



かぼちゃを使ったお菓子って
重そうなイメージがありますが

それが一瞬で崩れ落ちるほど
軽くてさっぱり上品なかぼちゃスイーツに 出会いましたよ

きっと 良い素材を使ってらっしゃるんだろうな~

@湘南の人気スイーツ専門店
モン・グーテさん





そして!
懐紙の端の赤いスタンプと こちらのクッキーは
このお店の3周年記念ノベルティ(なくなり次第終了だそうです)
*青いブタさんは 集めたケーキピックです


気になるでしょ~?

気になりますよね~

気になっちゃったら 大急ぎでお店のFBを覗いてみてね♪


↓↓ラテアートやお料理の動画をyoutubeで配信中です



にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ

copyright© ”こなこな研究室 K.K laboratory ” All Rights Reserved.
°・:,。★\(^-^ )♪ Thanks for your click ♪ ( ^-^)/★,。・:・°

ただいまコメント欄は非公開にしております。
お仕事のご依頼等はこちらへご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
*** 心温まるコメントをお寄せいただき有難うございます non ***
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バニラ香る和栗の渋皮煮~シロップ漬け~



栗の渋抜きが終わったら
芯までやわらかく炊いて
シロップに漬け込んでいきますよ

下準備はこちらを参照→☆1☆2



<材料>
◇大粒の三田栗 皮つきで1kg
◇重曹 大さじ2杯(下処理用)
◇シロップ用水 500ml
◇グラニュー糖 450g
◇バニラペースト 小さじ1杯
◇ブランデー 30ml

<漬け込み方>
1.アク抜きをした栗を鍋に入れ 栗の上5cmまで水を注ぐ
(底の広い鍋がおすすめ)

2.蓋なしで煮立たせないようにコトコト1時間ほど煮て 
楊枝がスッと入るようになれば火を止める

3. 別の鍋にシロップ用の水とグラニュー糖を煮立たせ
火を止めてからブランデーとバニラベーストを混ぜる
(ここでシロップをボウルに移してもOK)

4.2の栗を一粒ずつ鍋から取り出し3のシロップにそっと入れる

5.空気が入らないようにラップでピッタリと密閉して自然に冷ます
更に半日ほど置いてから冷蔵保存 翌日には食べられます




煮上がった栗をザルにはあげるのはNGです
渋皮の水分が急激に飛び 縮んでヒビが入りますからね
豆腐をすくう穴あきスプーンや 先が鋭利でないトングなど使って
やさし~く&手早く移してください


そして シロップに漬けたあとは急いで冷まさず
ゆっくりと室温で気長に冷ますのもポイントです
この冷める間にシロップが中までジワジワしみ込みますよ~


保存期間ですが
このレシピは糖度が低いので
5日ほどを目安にしています

もう少し長く置きたい場合には 
消毒した瓶に密閉して冷蔵保存をおすすめします





さ~て♪
遠縁の栗山からやってきた三田栗は
まだまだありますよ~




お次は お決まりの炊き込みご飯に

茹栗を使ったマロンジャム進行中!




そして 今年もやっぱりマロングラッセ仕込中~♪





こな研が使っているこの大粒の栗は
どこで手に入るの~? と気になった方がいらしたら
 こちらのサイトを覗いてみてね^^

さっぱりと上品で 甘さの濃い三田栗
転勤先のどこで食べた栗よりも この栗がピカイチ!!


↓↓ラテアートやお料理の動画をyoutubeで配信中です



にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ

copyright© ”こなこな研究室 K.K laboratory ” All Rights Reserved.
°・:,。★\(^-^ )♪ Thanks for your click ♪ ( ^-^)/★,。・:・°

ただいまコメント欄は非公開にしております。
お仕事のご依頼等はこちらへご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
*** 心温まるコメントをお寄せいただき有難うございます non ***
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ