恐山のブルース

★私のライフログ

トンカツとキャベツのコンビ

2017-08-10 14:08:55 | 日記

ライスカレー、コロッケ、トンカツといえば、大正時代の終わり頃の三大洋食。

そのひとつ、トンカツには、刻んだキャベツが添えられていますね

トンカツにキャベツがつきものとなったのは、まさに偶然の産物だったようです。

明治28(1895)年、洋食店「煉瓦亭」が東京銀座に開業しました。

この店が初めて豚肉のカツレツを出し、それに刻んだキャベツを添えたと言われています。

当時、西洋料理では温かい料理には温野菜を付け合わせとして添えていましたが、ある日あまりに忙しくて、温野菜の代わりに、手間のかからない刻んだキャベツを添えて出しました。

それがなかなか好評だったそうです

豚肉カツレツ(トンカツ)と刻みキャベツのコンビネーションの誕生です。

それがやがて全国に広まっていき、現在でもトンカツとキャベツはコンビを組んでいます。

当時のカツレツという呼び名は、小さいあばら骨を意味するフランス語のコートレットが、英語のカットレットとなり、それがなまってカツレツとなりました。

それをトンカツと名付けたのは誰かというのは諸説ありますが、そのうちの1つが東京上野にあった楽天という店。

ただ、「トンカツ」という看板を出したところ、最初、道行く人にはその意味がわからなかったようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランス脂肪酸 | トップ | シマウマのシマ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。