no rain, no rainbow

ダメダメ営業ウーマンの徒然日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落ちこぼれ・・・

2009-04-25 16:38:43 | Weblog
「やっぱり結果NGでした」
と先輩に営業の結果を電話で報告した時、自然と涙が出てきた。
その涙がなぜ出てきたのかは、わからないけど…。
部で、これは売り切ろうと決めたのに、結果私だけ決められてない事実だけが残る。。

先輩に落ちこぼれと思われても仕方ない・・・
戦力外のみそっかすになっちゃうな・・・
と、冷静にもう仕方ないと思ってるところも確かにあった。
やってもないのに、最初から無理だよーと思っているところがあったのも確か。
だけど、営業の世界は結果の世界。
結果が残せなければ、弾き飛ばされるだけ。。
そんな思いが一日中ぐるぐるしてた。

その報告を聞いて、先輩は「状況はわかったけど、全員参加だからね」とだけ言った。
全員参加って言ったて、もうここまできたら、無理だよ・・・と心のそこから
思ったけど。「はい、それはわかってます」と答えた私。
どうにかするしかない!
どうにかできるものかもわからないけど、とりあえず策を考えようと。
このまま落ちこぼれになるわけにはいかないから、もがかなきゃ!!

ここまで落ちこぼれになれてよかった。
下の下まで落ちたら、あとは上るだけだから。
大丈夫、まだやれるから、がんばろう、自分!!
タイムリミットはあと2日くらい・・・



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

3年目の気持ち

2009-04-16 22:46:07 | Weblog
新年度が始まって、16日。
あっという間に今年も3ヶ月と半分が過ぎてしまった。
この4月で、こんな私も3年目。3年目というと本当に怖いのだけど、
しっかり仕事を回せるようにならないといけないんだよなぁと思う。
実際は怒られっぱなし、あきられっぱなし・・・
でも、もう割り切って、一から新入社員になった気持ちでがんばるんだ。。
あとは、太ってしまったこの体を軽くすることを目標にしたい。
そしたら、自分に少し自信が持てるかもーww

向き不向きより前向きに!
今は、地面の下に太い長い根を張るとき。
そしたら、いつか芽が出るはず
自分を信じてあげられるのは自分だけ。
できることを一歩、一歩・・・


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の励みになったこと

2009-01-22 00:37:13 | Weblog
今日、先輩に言われてすごく励みになったこと。

お前のいいところは、誰にもあいつムカつくって思わせない親しみがあるところだよ。だから、いいところを伸ばして、のびのびと営業しろと。

最近結果が出ず、落ち込んでたけど、ダメダメじゃなかったんだ、私。
なんかこの一言でもうちょっと頑張れそうな気がする!!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一筋の光!

2008-12-18 13:08:06 | Weblog
昨日の会議でまたもや叱られる〓
怒られてるうちが花だと思って、歯を食いしばってがんばるしかない〓〓

・三倍動け、動き足りない
・動きから、お前の意志が見えない
などなど。
結論としては動くしかないんだけど、動き方がわかんなかったり、どこまで突っ込んでいいかわかんなかったり…。。
でも、あとはもう動いて、経験するしかないんだろうなぁ

そんな中、今日朝一で行ったところに一筋の光が見えた契約が取れるかもしれない!!!!一筋の光に向かって、一直線!がんばるぞ〓
年内、もう二踏ん張り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から再スタート〓

2008-12-17 15:55:15 | Weblog
これから、毎日の出来事を忘れないように、こっそりとブログに載せていきます。
自分を客観視するいい機会になればと思ってます

ダメダメ営業ウーマンの徒然日記!今日からスタート
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス旅行~最終日~

2007-02-27 19:54:52 | Weblog
7日目がとうとうフランス旅行最終日
本当に帰るのかと思うと、寂しくて仕方なかったのを覚えています

この日はホテルをチェックアウトをしてから、友達の従姉妹さんと待ち合わせをして、パリ市内をまたちょっと観光しました


まずは、バスティーユ広場へ行きました
この写真は「7月の円柱」で、7月革命の犠牲者を祭る記念柱だそうです。


この建物は、マリーアントワネットも収容されていたという牢獄です。
この牢獄に一度入ると次に外に出るときはギロチンにかけられる日だといわれていたそう

その次は、サント・シャペル教会へ行きました
ここは一番私が感動した場所と言ってもいいくらい感動しました!!
1248年に完成し、キリストの聖遺物を安置するために建てられた教会だそうです。

これがサント・シャペル教会の一階部分です。
当時は一階部分が一般の人たちの礼拝堂だったそうです。

螺旋階段を登って、二階に行きます。
二階部分は王や特権階級の貴族だけが利用できたという礼拝堂があります。
この礼拝堂のすばらしいこと、すばらしいこと
圧倒されっぱなしでした



壁一面に広がるステンドグラスがもう半端ないくらいキレイでした
このステンドグラスはすべて違う絵になっていて、聖書の話をステンドグラスに表現しているそうです。
もう「うわ~すごい」という一言に尽きました。
しかも、このステンドグラスの3分の2は当時のもので、13世紀のものだそうです。フランス人の信仰の強さというか、そういうものを強く感じました。

そのあとは、昨日中まで入れなかったノートルダム寺院に行ったり、リュクサンブール公園に行ったりしました
フランスの公園はとっても計算された造りで、木々がどこからみても整えられて植えられていることにびっくりしました

そして、お土産にチョコとワインを買いにいきました!!
奮発して「メゾン ド ショコラ」のチョコとマカロンを買う
試食させてくれたチョコが濃厚でおいちかった
そして、カカオたっぷりの本当の意味でのココアを飲んだのも忘れられないな
ワインも調子に乗って、赤2本、白1本買っちゃいました

その後はホテルに一度戻ってスーツケースを持って、空港へ向かいました
空港に着いて、いろいろお世話していただいた従姉妹さんと友達にお礼をし、またフランスに遊びにくることを心に誓いながら、飛行機に乗り込みました
Au Revoir, France!!!!




この8日間は本当に楽しくて楽しくて、充実していて、私にとっては夢のような日々でした
この8日間は本当にプライスレスな出来事ばかりでした

パリでいろいろお世話をしてくださった友達の従姉妹さんや友達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、一緒に旅行に行ってくれた友達にも心から「一緒に行ってくれてありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいです。
彼女のおかげで、8日間旅行を満喫でき、生涯忘れることはできないだろう大切な思い出ができました!!
さっちゃん、本当にありがとう


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フランス旅行~6日目~

2007-02-22 02:10:53 | Weblog
6日目のこの日は、友達のフランス人の友達と一緒にパリ市内を観光しました

まずは、エッフェル塔へGO
周りに大きな建物がないので、とっても大きく見えました!!

エッフェル塔は1889年のパリ万国博覧会に革命100周年を記念して建てられたそうです。2年2ヶ月という早さで造られたそうです。建てられている時の写真には、馬もいました。
馬と一緒にこんな高いタワーを造ったなんて驚き

この日はとても風が強く、エッフェル塔の一番上までは登れなかったので、2番目の展望台まで登りました
地上115mの展望台からはとても整えられたパリの街並みを見ることができました


エッフェル塔の展望台は、ガラス越しに見るのではなく風を感じながら景色を見ることができます
夏に登ったら、もっと気持ちがいいのかなぁ
私たちが登ったときは風が強くて息が吸えないくらいの時もあって、ちょっと怖かったけど・・・それも今となってはいい思い出
今度は一番上の展望台まで登りたいなぁー

エッフェル塔に登ったあとは、お昼を食べに行きました!!
お昼ごはんに、私たちはムール貝をリクエスト
一生懸命考えてくれて、ムール貝のお店に連れて行ってくれたサミエルに感謝、感謝
merci beaucoup


鍋にてんこ盛りに盛られたムール貝をフライドポテトと一緒に食べました!!
さっぱりしててすごくおいしかったぁ
また食べたいな

お腹がいっぱいになった後は、凱旋門へGO
もう一人の友達も合流して、シャンゼリーゼ通りをプラプラしました
ちょっと雨がパラパラ降って寒かったけど、いろいろなお店があって楽しめました!!



シャンゼリーゼ通り!!
雨で濡れた道にライトが光って、一層きれいに見えました
神様はこのために雨を降らせてくれたのかも
なんて、よく解釈しすぎかな(笑)

その後は、ノートルダム寺院へGO

ノートルダム寺院は12世紀ゴシック建築の最高峰で世界遺産にも登録されたそうです。間近で見ると、聖堂をいろいろな彫刻が飾っていました。

ノートルダム寺院はシテ島といわれるセーヌ川の島にあります。
私はこのあたりの景色や雰囲気が結構好きでした
ノートルダム寺院のあたりを散歩するのもとっても気持ちよかったです
夜のセーヌ川の雰囲気もステキでした


夜の散歩を終えたら、夜はまた友達の家へ行きました
今日はパリで過ごす最後の夜
せめてものお礼にと、私たちが日本料理を作ることに
フランスにもある材料で何かを作ろうと考えてみた結果、思いついたのはカレーとオムライス
カレーのほうが人気だったので、この日の夜ご飯はカレーに決定
友達2人とそのフラットメイトとみんなでスーパーに買出しに行き、友達と一緒にカレーを作りました
作っているときも、チラチラと様子を見に来てくれたり、「何か手伝うことある?」とすぐに声掛けてくれたり、とても気に掛けてもらいながらカレーを作ることができました
出来上がったカレーをみんな気に入ってくれるか心配したものの、みんな「おいしい」といって食べてくれました
友達はお替りもしてくれたし、よかったよかった

そのあとはみんなでワインを飲みながら、おしゃべり
フランス語で話してる時はよくわかんないんだけど、とりあえずすごく議論が白熱してました
何を話してるか聞いてみると、「環境問題」という答えが・・・
そのほかにも政治について話していたようでした。
テレビのないリビングで、ワインを飲みながら、友達と環境問題について熱く語り合う光景は私にとってとても新鮮でした。
自分たちの住んでいる国のこと、世界のことにきちんと意識を向けているようでした。
バカなことして笑いあうのももちろん大切だし、そういうことが私の生きる糧でもあるけど、きちんと世界や自分の国のことに関心をもっていて、それに対しての自分の意見もしっかりと持っている。そして、その意見をきちんと交換している姿に考えさせられるものがありました。

その前の日にも、友達の従姉妹さんが「日本で何か飲み会などがあったら、女の子は黙って人の話を聞いて、ニコニコしているのが一番いいみたいな感じがあるでしょう。でも、それをフランスでしていたら、つまらない女の子になっちゃうんだよね。」と言っているのを聞いて、私もちゃんと「私の」意見を持った人にならなくてはと思いました
そんなこんなで、このような自分の意見を持ち、それをきちんと相手に伝えるという習慣があるフランス人の友達の行動に学ばされた夜でした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フランス旅行~5日目~

2007-02-20 23:33:44 | Weblog
5日目は、友達と芸術文化観光ということで
ルーブル美術館とオルセー美術館に行ってきました
4日目の夜がけっこう遅かったので、ゆっくり起きて、ホテルを出発
メトロでまずはルーブル美術館に向かいました!!

まずはルーブル美術館の写真です
昔、ベルサイユに王宮を移すまで王宮として使われていた建物なだけにやはりご立派

これはルーブル美術館の裏のほうかな。

これもルーブル美術館の一角です


                   
このガラスのピラミッドから美術館の中へ入ります
とりあえず、ルーブル美術館は広くて、大きかった

一日じゃ回りきれないといわれていたのですが、その通りでした
私たちはとりあえず有名なものを見て回ることに・・・

「モナリザ」や「民衆を率いる自由の女神」などなどの絵画や
「サモトラケのニケ」や「ミケランジェロの囚われの身」や「エロスの接吻で目覚めるプシュケ」などなど有名なイタリア彫刻も見たりしました。

写真は、サモトラケのニケです。この彫刻は、紀元前190年ごろ、発見された彫刻だそうです。私たちの知らない世界を何千年も見てきたこの彫刻はどんな世界を知っているのでしょうか。すごく細かく作られていて、とっても感慨深いものがありました。

ナポレオン三世の居室の再現されたものも見ました。
すべてが豪華でした

これは、食堂です。

あらゆるところから集められた芸術品の数々に魅せられながら、ルーブル美術館の中を歩き回りました。
その後は、多くの芸術品を一気に見たせいか、数の多さに圧倒されてか、少し見慣れてしまって感覚がおかしくなった私たちは、彫刻と同じポーズをして写真を撮ったり、ちょっと遊んでしまいました今となってはいい思い出
そして、なぜかルーブル美術館での私たちのテーマ曲は、Kiroroの「長い間」
この歌を口ずさみながら、ルーブル美術館を後にしました。

美術館を出たら、この景色が広がっていました

雲も大きいぞぉぉ!!

そのあと、お昼ごはんを食べてから、街中をプラプラしました。
お昼ごはんは2日目の夜と同じ「サッポロラーメン」で食べました
やっぱり日本食に落ち着く私たちなのでした
この日は日曜日だったため、ほとんどのお店が閉まっていました。

プラプラ散歩した後は、オルセー美術館へ
セーヌ川を渡り、オルセー美術館へ向かおうとしていたところ、その橋でおじさんが一人アコーディオン路上ライブ
私たちを見て日本人だとわかったからなのか、「上を向いて歩こう」を弾いてくれました
友達とその音色にあわせて、歌いながら橋を渡る!!楽しかった
橋からの景色


その後、オルセー美術館で鑑賞スタート
オルセー美術館は、オルレアン鉄道のオルセー駅を改装して作られたものだそうです。丸い天井が駅の面影を残しているようでした

オルセー美術館では、モネ、ゴッホ、セザンヌなどの絵を主に鑑賞しました。
それぞれの色彩表現の仕方に魅了されました
閉館時間が5時半だったので、そこまでゆっくり見れなかったのが残念だったけど、1日でルーブル美術館、オルセー美術館と回れて大満足でした

その夜は、友達の従姉妹さんのお家でホームパーティ
いろんな人たちと楽しく夜を過ごしました!!
みんなとおしゃべりしながら、ワインを飲んで、チーズを食べたり、お肉を食べたり、デザートにケーキを食べたり、とっても楽しい夜でした
その日車で送ってもらい、ホテルに帰ったのはなんと2時!!
パリで一番夜遊びをした5日目でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス旅行~4日目~

2007-02-16 20:26:00 | Weblog
4日目は、友達と買い物デー
まずは、フランスのスーパー「モノプリ」に立ち寄る!!
食料品から化粧品までいろいろなものが置いてあって、いろいろ見て回った。
チョコ買ったり、ピアス買ったり、楽しめたよー

写真は、スーパーの野菜売り場
大胆に積まれています


そのあともオペラ座のあたりで、ショッピングを楽しむ。
ちょうどフランスはセールの時期で、洋服や靴やバックが安くなってました
偶然入った靴屋さんでは、かわいいブーツを発見
友達と色違いで購入しちゃいました

あとは、黒のスプリングコートを買っちゃいました
その後もデパートに行ったり、精力的にいろいろ歩き回ったなー。
土曜日だったせいかデパートやお店はとても混んでました!

買い物中に発見!オペラ座です。

この日も空がキレイでした

夕方は、6時にフランスに住んでいる友達の従姉妹さんと待ち合わせ
パリに来て6年、フルートをやっているという友達の従姉妹さんはとてもとても素敵な方でした
待ち合わせをしてから、モンマルトルを案内してもらうことに

モンマルトルにはストリップショーで有名なムーランルージュや、アメリで有名になったカフェがあります。


アメリで有名になったこのカフェで、ココアを飲みました
濃厚なチョコとホットミルクが出てきて、あとから混ぜるという形ででてきたのにもなぜか感心しちゃいました

そして、モンマルトルの丘の登りながら、サクレ・クール寺院を目指す。
サクレ・クール寺院は丘の上に立っている教会です。
中もとても幻想的でした。


そしてなんとサクレ・クール寺院がある広場からはパリ市内を見渡すことができます
この景色が本当にすごかった。空の色も紫色ぽくって、街にはオレンジ色のライトが光ってる。地球がまん丸だっていうのを証明するように、パリの建物たちがまーるく空との境界線を描いていました。
なんていっていいかわからないくらい、ため息が出てしまうほどの景色でした
写真ではその迫力が伝わらないのが残念
ぜひパリに行った際は行ってみてください

その後は、ご飯を食べたあとにJAZZが聞けるレストランで夕食
海鮮がたくさん入ったシチューのようなものをフランスパンと赤ワインと一緒に頂く!
おいしかったぁぁぁ

そして、フランスでは、乾杯するときに必ず目と目を見る習慣があることを聞き、驚く
恥ずかしくて日本じゃできないと思ったけど、目と目を見る習慣なんてステキな習慣だと思いました
それに、私たちと同じ世代の男の子が母親としゃべる時(もちろん、だれと話すときもそうなんだけど)、きちんと母親の目を見て話していました。しかも、そのまなざしのやさしさといったらもう・・・
フランスでは当たり前のことかもしれないけど、日本ではそういう光景はあまり見ないので新鮮でした。
「目は口ほどにものを言う」と言うけれど、きちんと目でもコミュニケーションをとっているように見えました


デザートまで食べちゃいました

ご飯を食べた後は、みんなでJazzを聞きました
Jazzの音楽ってなんであんなに心地良いんだろう
またもやちょっとウトウトしちゃいました・・・
でも、とても心地良い空間でした。
夫婦でJazzを聞きにきていたり、みんなそれぞれのスタイルで音楽を楽しんでました
「自分のスタイルで音を楽しむ」その楽しさを再確認
12時くらいまでJazzを聞きながら楽しんだあと、メトロでホテルまで帰りました
従姉妹さんのフランス人の旦那さんもとてもやさしい人でした
二人のラブラブ幸せっぷりがうらやましかったな・・・

この日は買い物もしていたので、ホテルに帰ってから友達と少しファッションショー
何かを買ったあとってファッションショーする時間が一番楽しかったり
どんなときに着ようかなぁどんな服に合わせようかなぁ、そんなことを考えながら眠りにつきました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フランス旅行~3日目~

2007-02-16 14:44:09 | Weblog
3日目は、モンサンミッシェルへのツアーに参加
世界遺産で、絶対フランスに行ったらこの目で確かめたいとそう思っていたところ
朝は早起きをして、集合場所へメトロで向かう
パリ市内はメトロが張り巡らされているので、移動するのはとっても便利
しかも、どこに行くのも1.4ユーロ
スリなども自分が気をつけていれば問題なかったです

バスの出発時間は7時15分。この時間はまだまだ外が暗かった。
やっぱり冬だけあって、日が昇るのも遅かったなぁ
出発時間まで近くのカフェでサンドウィッチと水を買って待機。
ツアーはほとんどが日本人でした!!

バスが出発すると見えてきたのは・・・

シャンゼリーゼ通りに建っている凱旋門。
ライトアップされていて綺麗でした
眠気も覚め、友達とまたもや興奮
バスの中から激写しちゃいました。

その後、3~4時間バスに揺られながら、ノルマンディー地方をバスは走る
パリを一歩外に出ると、すぐに田園風景。羊や牛がたくさんいました。
ノルマンディー地方ではぶどうが作れない分、りんごが有名とガイドさんが教えてくれました
また、パリ市内、パリ郊外にはフランスの人口の約20%が住んでいるそうです。
東京にほとんどの人口が集まっている日本と少し似ているのかな??
そんなことを考えながら、だんだんとモンサンミッシャルに到着

ほらほら、見えてきました永沢君みたいだけど・・・



だんだん近づくにつれて、ワクワクどきどき

モンサンミッシェルは、サン・マロ湾にある岩でできた小島に建てられた修道院です。フランス革命の時には監獄として使われていたそう。
モンサンミッシェルの中はこんな感じ↓↓
厳粛な礼拝堂


静かな食堂


800年前の柱が修復されずにそのまま残っていたり、またもや歴史を感じました。
すごく広いんだけど、一つ一つの部屋にきちんと目的があって、この中でどのように修道者たちが過ごしてたのかがなんとなく理解できました

お昼はサン・マロ湾を眺めながら、食べました
素敵な空と海を見ながらのご飯、楽しかったです

一緒に写っちゃった夫婦も素敵でした

これは前菜!

モンサンミッシェル内をグルっと回ったあとは、お土産屋さんを見たり、ちょっと遠くまで行って全体像を眺めてたりしてました。
夕方にはバスに乗り、夜にパリに着くツアーだったので、モンサンミッシェルのライトアップが見れなかったのが残念だったけど
でも、それはまた今度のお楽しみということにしておこう



See you モンサンミッシェル!!
ということで、パリには夜8時くらいに着きました。
そのあと、日本食が恋しくなった私たちは、偶然見つけた「さっぽろラーメン」で夜ご飯
ラーメンと餃子を食べて、満足満足
結構人気があるらしく、フランス人もいっぱいいました

ご飯を食べたあとは、友達と夜のパリを少し散歩してみることに
ライトアップ具合がキレイでした


キラキラ1時間に一回光るエッフェル塔を激写
これも本当にきれいだったので、友達と見とれる


ルーブル美術館も夜はライトアップされてました


こんな感じで夜の散歩も楽しかった
この日も、一日朝から晩までフル活動できました
ホテルに10時ぐらいに戻り、3日目もフランスに魅せられながらゆっくり休みました




コメント
この記事をはてなブックマークに追加