MSV-Blog 2nd

音楽とプロ野球の話題を中心に日常の話題を取り上げます。ブログ人のサービス終了に伴い、gooブログに移転しました。

プロ野球観戦記 ~阿部の今後~

2016年09月15日 23時53分19秒 | プロ野球

 2016.9.14 中日×巨人@ナゴヤドーム
G 001 000 030 00│4
D 000 100 012 01X│5

 この日は職場レクの一環で、ナゴヤドーム観戦。業務終了後の観戦なので、ドームに着いたのは3回表。

 先発は菅野と吉見。両エースの投げ合いということで、投手戦を予想したが、両投手とも毎回のようにランナーを出す不安定な内容。ただ、それでも最小失点に止めるのは、さすがエースといったところか。

 試合が大きく動いたのは8回。ヒットで出た長野を亀井が送れず、この回もダメかという雰囲気が漂い始めたところ、そのムードを打ち消すかのように坂本が二塁打を放つと、阿部がセンター前に弾き返し勝ち越し。村田・ギャレットも続き、一気に3点のリードを奪う。

 9回は澤村投入で、試合が終わるかと思ったら、制球が定まらず、ヒットは森野の一本ながら、代打ビジエドへの押し出し死球含む、3四死球で自滅。ここで同点に追いつかれる。試合は延長に突入したが、最後は大島がライトオーバーのサヨナラヒットで試合を決めた。

 敗因はもちろん澤村。ただ、優勝決定後の試合だし、正直、もう勝敗はどっちでもいい。それにどんなストッパーだって完璧に抑えることは不可能なので、こんな試合もあるだろう。澤村は、ここまで58試合に登板して37セーブをあげ、堂々のセ・リーグ1位。防御率2.61でWHIPが1.30なのは物足りないが、まずまずよくやっていると思う。

 それより、来シーズンの戦いを見据えるという意味で、気になったのは阿部の守備。この日もエラーを一つ犯したが、とにかく危なっかしいことこの上ない。3割を超える打率を残し、この日も一度は勝ち越すタイムリーを放つなど、打線においてまだまだ大きな存在感を示す阿部だが、打撃におけるプラス効果より、守備におけるマイナス効果の方が大きいように感じる。思い切って、来シーズンからは代打専門に役割を変えるべきではないだろうか。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライマックスシリーズ改善案 | トップ | 水1リットル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL