MSV-Blog 2nd

音楽とプロ野球の話題を中心に日常の話題を取り上げます。ブログ人のサービス終了に伴い、gooブログに移転しました。

プロ野球観戦記 ~桒原に注目~

2017年06月18日 09時12分42秒 | プロ野球

 2017.6.18 中日×広島@ナゴヤ球場(ファーム)
C 001 000 001│2
D 000 000 021X│3

 たまにはファーム観戦もしてみようということで、ナゴヤ球場へ。以前にも、広島のファームの試合を観戦したことがあったが、その時、まだ無名だった鈴木誠也に対して熱心な野次を飛ばしていたオッサンが居たのだが、そういった原石を発見できるのがファーム観戦の楽しみである。

 スタメンはこんな感じ。

広島
1遊 桒原
2三 ペーニャ
3左 堂林
4一 メヒア
5二 小窪
6右 岩本
7中 土生
8指 下水流
9捕 板倉
P 中村恭

中日
1右 ウルヘエス
2二 岩崎
3一 阿部
4三 高橋
5指 松井佑
6左 赤坂
7遊 石垣
8中 近藤
9捕 加藤
P マルティネス

 特に広島は、一軍でも見たことのあるような名前が並ぶ。

 スコアだけ見ると投手戦だが、内容は全く別のもの。中村恭は完璧。7回を88球でまとめ、ピンチらしいピンチは全く無し。そろそろ一軍に戻ってくるか。

 一方の中日投手陣はふらふら。先発マルティネスは3回までで、その後は若松に繋いだのだが、5回までに10安打を浴びる内容。それなのに失点は堂林のソロだけという、不思議な展開で試合は進んだ。

 8回に広島の投手が二番手の横山に替わると、四球と代打野本のヒットで初めてチャンスらしいチャンスを作り、ここでこの日いいところが全く無かった高橋が逆転のタイムリーツーベースを放つ。さすがとも言えるが、それまでの打席の内容がひどかったので、期待度からすると、全然物足りない。

 勝ち越した中日は、9回のマウンドに浅尾を送り出すが、ショート石垣の痛恨のエラーから無死2,3塁のピンチを作り、同点を許す。更に迎えた無死1,3塁のピンチは、岩本、土生を浅い外野フライで打ち取ると、下水流からは三振を奪い、同点までで切り抜けたのは流石と言ったところか。

 最後は、9回からマウンドに上がったオスカルを攻め立て、ワイルドピッチでサヨナラ。しまらない決着となったが、終盤に試合が動き、見応えのある試合だった。

 光っていたのは、広島の桒原。4打数2安打だが、凡打になった第4打席も、中日のセンター近藤の超ファインプレーが飛び出したセンターライナーだったし、とにかく打球が鋭かった。内野手なので、今の広島では、なかなか一軍の出番は無さそうだが、腐らずに技術を磨いて欲しい素材だ。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ野球観戦記 ~ナゴヤド... | トップ | ここだけではない話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL