癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


「忍びの国」通院日 そしてヤフオクドーム

2017-07-18 10:39:31 | 社会・生活
先週の月曜日は、娘に強要されて(というのは冗談ですが)
映画「忍びの国」を観てきました。
娘には、伊藤計劃さんの「ハーモニー」と「屍者の帝国」に
付き合ってもらったので、そのお返しと
自分でチョイスすると、息を止めて観るような映画ばっかりになるので
たまには「楽しく」観れるものを観るのも体によさそうだからです。

そう言えば、小説も映画も、いわゆる歴史改変系(万城目学さんとか)には
ほとんど縁がなくて、なかなか新鮮でした。
感想は「伊勢谷友介さん、すてき!」
どんな映画に出ても独特の存在感があって、本当にいい俳優さんだと思います。
あと、でんでんさん(笑)

そして火曜日は通院日。
通院日の前の週、夜中にいきなり38度7分の熱が出て
次の日から、左の腕が真っ赤になってぱんぱんに腫れ
ぱらぱらと湿疹が出ました。
実は、この症状は、1か月くらい前にも出て
その時も4,5日でおさまったので
通院日までもう1週間もないし、まあいいかと放置して
娘からも、福島の友達からも怒られました(笑)

おそらく原因は、左のわきまで広がっている腫瘍。
リンパの転移部分と合体して、リンパ浮腫になっているから。
ですから、これで終わりにはならず、何回も繰り返すような予感がしたので
今回は、主治医の先生に、ていねいに病状を説明しました。
診断は「リンパ管炎」
リンパ管が詰まっていることで起こるということで
「熱が出たら、病院に来てくださいね。抗生剤を飲んだほうがいいので」と。
はい、次からは横着をせずに、ちゃんと受診します。

そして水曜日は、ヤフオクドームの「楽天VSソフトバンク戦」
正直、そろそろ野球観戦はしんどいなと思っていたのですが
ダンナは、今月のシフト表が出た時点で
連休があったので、即チケットを予約したらしい。
それを聞いて内心「え”―っ」と思いましたが
映画には行けるのに、野球にはいけないと言うのも
なんか自分勝手な気がして、これまた「まっ、いいか」

「ステージ4」というブログでも書きましたが
ステージ4の乳がんを告知されていても
本当に十人十色で、お仕事を続けられている方や
中には、海外旅行に行かれるような方もおられますから
自分が何をできるかは
その都度自分の体と相談して行動していいように思います。

自分が末期がんだ、重大な病気なのだというほうに
あんまり気持ちを持っていきすぎると
だんだん病人らしくなってしまう
そういうこともあるような気がしますから
できることはできる、できないことはできないで
本当に体がきついとか、具合が悪い時は
周囲にも正直にそう言うことにしています。

最近出てきた背中の痛みや違和感は
いつもあるわけではないのですが
なんとなく息苦しい感じはあって、ドームへ行く途中の
地下鉄の階段を上がっている時に、息があがってアップアップ。
先を行くダンナに「ちょ、ちょっと待って」

ダンナは高校時代サッカーやってたスポーツマン系なので
一応「前みたいには歩けないから、ゆ~っくり行ってね」と念を押していても
すぐ忘れて、ペースが速くなる。
やっぱりこういう時は「末期がん」っていう
大きなロゴのあるTシャツを作って着ておいたほうがいいような気がします。

残念ながら、ソフトバンクは負けてしまいましたが
無事三日間の予定をクリアできました。
ちょうど3年前の今頃は、全力で引っ越し準備をしていました。
今、あれをやれと言われたら、もう絶対に無理ですが
自分ができる範囲で、できることをと
目標を低く低く設定すれば、まだできることはある、そんな毎日です。

血圧が低いので、今月は上が95の下が55でした。
この猛暑で、8月になったら、下が30くらいになってそうですが
とにかく生きて夏を越せればよしとします。

ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間にできることとできないこと | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。