癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


人間にできることとできないこと

2017-07-14 15:17:19 | 社会・生活
乳がんを告知された年の秋に
宮崎、熊本、そして福岡にいる子育て仲間4人で、原鶴温泉に行き
その時、朝倉の三連水車と周辺にある野菜や果物の直売所などを観光しました。
静かで、のどかで、実り豊かな朝倉の里。

先週、その朝倉市や東峰村、大分の日田市などを
記録的な豪雨が襲い、たくさんの人が亡くなられ、甚大な被害が出ました。
現在も、気温が35度を超える猛暑の中
避難生活を余儀なくされておられる方が多数おられ
心からお見舞いを申し上げます。

病気になるまでの15年間、露天の八百屋さんで働いていました。
一日に9時間近く戸外にいるので
天気の変わり方には嫌でも敏感になります。
ほとんどの商品を外に置いているので
特に雨には神経質にならざるをえません。

パラパラと降り始めたら、雨に濡らせない商品、切り花とか果物
袋詰めにしたじゃがいもとか玉ねぎなんかを
全力で、雨がかからないところに避難させなければなりません。
野菜や果物の入った段ボール箱も、濡らすと底が抜けますから
もう一人のパートさんと二人で
10キロ、20キロの箱を抱えて
何度も全力疾走するという、はたから見たら
ドタバタコントみたいな仕事でした。

そんな何ともアナログな仕事をしていた私が
気候の変化に気づいたのは、仕事を辞める7、8年前です。
「雨の降り方がなんか違う」というのが初めでした。
曇って、うだるような蒸し暑さが続いたと思うと
いきなり真っ黒い雲がわいて、ひやりとする風が吹きます。
するとほんの数分で、空の底が抜けたような
滝のような雨が降り出しました。

昔ながらの夕立だと、黒い雲がわいているほうを見て
あとどれくらいで降り出すか予測が立てられるのですが
この予測不能の雨には、何度も泣かされました。
商品だけでなく、避難する間に自分も全身ずぶぬれで
帰り道に、ぽたぽた雨を垂らしながらスーパーで買い物してると
なんとも悲しい気持ちになったものです。

その頃から「ゲリラ豪雨」という言葉が
天気予報にも登場するようになりました。
雨と同様に風の吹き方も変わりました。
これまた予測不能の突風が吹くようになりました。
直射日光に当てられない野菜や果物も多いので
簡易テントを3台建てていたのですが
重りをつけていても、テントが持っていかれるような
強風が吹くようにもなって、テントが飛ぶと危険なので
おかしな風が吹いたら、テントも即撤収。
最後の数年は、そんな具合で、なんともせわしない状況でした。

仕事の話は、過ぎてしまえば笑い話でもすみますが
こういう不可逆な天候の変化、気温の変化が
今回のような大きな災害の原因になっているのは間違いないようです。
人間の力、科学の力、どんなテクノロジーを駆使しても
人間にはできないことがまだまだとてもたくさんあると思います。
それは、依存症のような脳のメカニズムに関わる話でも
癌のような、完璧な治療法がみつかっていない病気も同じです。

そうしたことを、不可抗力だと言ってしまうのは簡単ですが
もしもその一因が、人間のやっていることにあるとしたら
やれオリンピックだ、経済成長だと
お金儲けだけを目指して、前のめりに爆走するよりも以前に
人間にできること、できないことは何なのか
やらなければいけないこと、やらないほうがいいことは何なのかを
そろそろ少し落ち着いて、じっくり考えなければいけない
そういう時期に来ているのではないかと思います。

ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳がんステージ4 | トップ | 「忍びの国」通院日 そして... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。