癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


通院日 そして相変わらずの

2017-08-10 16:01:26 | 癌のこと
今週の火曜日は通院日でした。
ただ先週も、火曜日に熱が出て、またリンパ管炎になってしまい
急患で、抗生剤を処方していただきました。

前回のCTが3月だったので、今回CTをお願いしていました。
結果は、左胸の患部は増大、肺は異常なし、肝臓の転移はやや増大でした。
主治医の先生が「急にお腹がいたくなったりしたら、肝臓の異常もあるので
電話して、受診してくださいね」と言われたので
「あの、肝臓の痛みというのは、どのへんが痛いんでしょうか」と聞いてみました。
「そうですね。みぞおちの当たりとか、だいたい真ん中のところが
ものすごく痛かったりしたら、来てください」

あとはいつものお薬セット。
主治医は、痛み止めの飲み方なんかも
体の感覚で調整していいという感じなので
今は、朝ロキソニン1錠、昼ワントラム1錠、夜タペンタ1錠で
患部の痛み、背中の痛みはおおむねコントロールできています。
それに、ホルモン剤のフェマーラ。
便秘にならないための、酸化マグネシウムと漢方薬。
そして塗り薬で、臭いを抑えるロゼックスゲルと
患部の痛みを軽減するキシロカインゼリー。

私の場合は、初発から肝転移あり、手術不能で
ガンが自壊しているというステージ4。
こういうケースは、乳がん患者さんの5%くらいなのだそうです。
乳がんの闘病ブログをいろいろ読ませていただいて
ほとんどの方は、初発ではステージ1とか2とかで
手術、抗がん剤、放射線などの標準治療を受けられて
その後、肺や肝臓、骨などへの転移が見つかったという
再発乳がんでステージ4という経緯をたどられているので
同じ乳がんステージ4といっても
かなり状況が違うのだということが分かりました。

ここまで、アリミデックス→アロマシン→フェマーラと
ホルモン剤を乗り継いで、実質5年目に入り
患部は徐々に増大して、わきから背中のほうに広がっていますが
今の病院の緩和ケアに来て最初の主治医の先生が
「何もなければ右肩下がりに悪くなるところを
ホルモン剤の効果で、ゆるやかに下降している感じだと思います」と
言われた通り、この進行は自然の経過と受け止めて
迷わず、悩まず、このままいくつもりです。

今回は、出勤するダンナに病院まで乗せてもらって
帰り道は一人でしたから、久しぶりのブックオフへ。
kindleのコレクションは、70冊を超えて
「まだ買うか」という感じなんですが
寝る前に読んでいる、ミステリーとか警察小説などは
そうそう何回も読み直すものではないので
kindleで700円超えは、さすがにもったいないかなと
貧乏性は、なかなか抜けません。

最近ハマっているのは堂場瞬一さんの警察物
それと横山秀夫さんの「ルパンの消息」
あとは小野不由美さんの「残穢」をゲット。
「残穢」は先日映画を観て「映画よりも本が怖い」という話を見かけて
映画もわりといい線いってたし
「そんなに怖いなら、読んでみた~い」と。
私の場合は、おそらくこれが生きるエネルギーになっているのでしょう。

映画のほうは、先日亡くなられたジョージ・A・ロメロ監督の
追悼で「ゾンビ」が放送されたので、30年ぶりくらいに「ゾンビ」を観ました。
タイムリーにWOWOWが「息もできない真夏のホラー特集」で
「のぞきめ」とか、これも久々の「エルム街の悪夢」とか
まさにホラー三昧の日々です。
いや、ほんと「ホラーの何がそんなに。なんでホラーなん?」という話なのですが。



ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わう!WOWOW | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
通院ご苦労様でした (があこ)
2017-08-10 18:28:25
病気になると、病巣の負荷や気持ちの問題で集中力が低下するのが、普通とか思うのですが
ホラー三昧な生活ができているようで、何か嬉か

私はもう少し、頑張らなくではいけませんね

春のドラマ クライシスが攻殻機動隊のパクりでしたが、上手に現代版書き換えられていて
おもしろかったです

海外ホラーはなぜ、キャンプ場が舞台になるのでしょうか
ずっと気になっていました
アチラ系統のフォークロアなんですかね
ホラー映画のお約束 (りょう)
2017-08-11 16:13:22
こんにちわ!

やっぱり頭のどこかに「心残りがないように、何でも見とこう。読んどこう」っていうのがあるんでしょうね。でも、そんなこと言っててすぐ半年とか経つんで、あまり大っぴらには言えません。

クライシス気になってたんですが、小栗旬があんまり好きじゃないので、パスしてしまいました。攻殻ぽいんですね。DVD出たら見てみます。

キャンプ場は、アメリカだと広いんで、すぐに助けが来れないからかなぁ。あと、美人のヒロインが水着になるとか、白いブラウスが濡れてすけるとかいうシーンがあるのが、ホラー映画のお約束で、男性のファンにはポイント高いらしいです。それとも関係あるかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。