クラップ ヤ ハン!!!

音楽の素人がビルボードライブ大阪での出来事を中心に書いてます。

画像などはなーんもなし、の超個人的日記。

[1st]渡辺貞夫オーケストラ with デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)(Jazz, Fusion, Big Band)[2016]

2016-12-06 17:40:00 | ビルボード

何年か前にチャレンジして、僕的には玉砕した渡辺貞夫、通称なべさだのステージ。
ジャズはやっぱり難しい、、、てのが本音。
そしてリベンジを誓うも、何度も機会あったのに躊躇して今に至る、、、みたいな。
でもだ!今回はビッグバンドだし、デイヴ・グルーシンだし、フュージョンだし。。。
フュージョンも苦手だけど、ジャズの難しさに比べればまだいけるかも?と懲りなく参加なのだ。
そこまでして挑まんでも、、、とは想うけどw

そしてそのチャレンジスピリッツを砕こうとするこの寒さよ!
さささ寒いがなっ!
コートの裏地?ダウン部分?をつけてくりゃ良かった。。。
でもがんばるもんね!


そんな中、会場に到着。
やっぱ、なべさだって人気あんのねー。
客席はほぼいっぱい。
男性ファンが多いと思いきや、男女比は半々かな。
カップルが目立つから必然とそうなるわな。
そして年齢は50~60代といつもよりちと高め。。。

それにしても、あれ?いつもとステージの雰囲気がなんか違うぞ?
あ!ステージ両側の審査員席がない!
それと、ステージ自体がいつもより手前に出っ張ってる!
その分、前側テーブルの列が減らされてる?
こんなパターンもあるのね。

で、定刻になり、なべさだ含むバンド連中がぞろぞろ登場。
をぉ!会場からは結構大きな拍手と歓声がっ!
えーと、総勢20人以上?そりゃステージ広げるわけだ。

全員がそろったところで、なべさだがなんか言ったかな。
この後もそうだけど、MC用のマイクが遠いのか、彼が何言ってんのかほぼ聞こえない悲劇w
そして彼のソプラリーノサックス?で演奏が始まったよ。
ちなみに、「プヒーッ」?「プホォッ」みたいな音。
表現力不足で申し訳ないw
イントロの途中で、なんの曲かわかったのか、会場からは拍手が!
当然僕には意味すらわかんないけどね。
でもさ、ギターやドラムの演奏が始まるト。。。
を?これなかなかいいじゃん!
以前に体験したなべさだのステージとは全然ノリが違うんだよ。
こっちの方がリズムがはっきりしてて、僕にはわかりやすいわ。
フュージョン界のデイブがいるおかげ?

曲が終わるとMC。
「どーもありがとうございます。今年2回目ですね。」
後は、あんまよく聞こえないんだけど。
どうやらビッグバンドだからメンバー紹介にも時間がかかるから感嘆にやります、みたいな事言ってたんかな。
で、実際メンバー紹介は感嘆に、しかも間違えて飛ばされた人もw
(会場の笑いで気づいたなべさだ)
次の曲は、「ムツーリソーナ」?(と聞こえた)
ここからなべさだはアルトサックス。

この後も、なべさだが曲紹介するんだけど、聞き取りにくい!
ルパンのEDテーマみたいな曲でしょ。
・「オールアバウトラブ」?
・「なんたらスプリング」?

そしてそれらの曲は、僕にもとてもわかりやすく聴きやすいものだったわ。
そう言えば、なべさだは、今回のステージは、1980年の武道館のアンコールライブ、みたいな事言ってたよ。

「次は、デイブが客席の前で指揮します」となべさだ。
そして始まったのは、なんとも日本的なイントロだったなー。
「さーくーら、さーくーらー」て始まっても違和感ないみたいな。
それと、ウッドベースがいかにもジャズぽいと感じたな。
このステージで一番ジャズジャズしかったんじゃないかしら。。。

この後、再びデイブがピアノにもどって演奏が続くよ。
彼がピアノだと、僕は超安心w
この後もしばらくはステージ前半と同様、ジャズとフュージョンがうまくミックスされた感じ?
リズムがはっきりしてるもんでノリもわかりやすいもん。

バンドメンバーでサックスが5人もいるのに、フルート2、クラリネット2、バスクラ1の編成になったり。
パーカッションのダブルソロがあったり。
ゆったりした曲でもビッグバンドらしく音がぶ厚かったり。。。
そして最後は、なんともビッグバンドらしく元気な曲。
会場からも自然と手拍子が起きて。。。
トロンボーンソロ、アルトサックスソロでしょ。
ギターソロ、トランペットによるかけあいも飛び出して、それは楽しい曲だよ。
でもベースラインはジャズぽいの。

曲が終わると、会場からは大きな拍手と歓声が起きて、そのままあんこールの拍手へ。。。
この大人数では、いったん下がる、の芸当は無理だろなーて想ってた。
だもんで、この曲がアンコール代わりだな、とも。

案の定、なべさだが「どーもありがとうございました!もうありません、ごめんなさいw」だって。
いやぁ、彼は終始ニコニコ顔だし、会場もしゃーないなって空気w
惜しまれつつ、彼らは帰って行ったのでした。

うん、想像以上に良いステージだったわ。
どジャズがメインならしんどかったかもだけど、うまくフュージョンが絡んだと言うか。。。
ジャズとフュージョンのいいとこ取り?が功を奏したと言うか。。。
つまり理由はよくわからんって事ねw
つー訳で、ふふん!
今日が僕のなべさだ攻略の記念すべき第一歩になった訳さ!w

さて、今日の夕食。
ここではホットウーロン茶だけにしたんだ。


この後、ほんとは、顔なじみのスタッフさんおすすめのお店に行こうと想ってたんだよねー。。。
だけど、寒い!遠い!って事で断念。
結局、近場で済ませる事にしたのさ。
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鳥野菜みそ」ちゃうよ、「... | トップ | [1st](柴咲コウ) Ko Shibasak... »

コメントを投稿

ビルボード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL