Msk-Mtnのブログ

プリキュアとプリパラについて熱く語る、千葉大学バドミントン部の一OBのブログ

Go!プリンセスプリキュア 第50話(最終話)感想

2016年02月01日 | Go!プリンセスプリキュア
 「Go!プリンセスプリキュア」第50話(最終話)「はるかなる夢へ! Go! プリンセスプリキュア!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 前話の続きです。グランプリンセスとなり、ディスピアを倒したフローラ達でしたが、これで終わりではありませんでした。
 背後から絶望のツタが襲ってきました。が、ここは、トゥインクルがバリアを張って回避。
 攻撃してきたのはクローズ。
「知ってるだろう・・・。ディスダークは何度でも蘇るぜ! ディスピア様は、最後に俺にすべてを下さった。あらゆる夢を閉ざすまで、絶望は消えない・・・!」
 


 今回は、オープニングの一部が変わりました。まず、歌詞が、25話までに歌われた1番に戻りました。
 他には、はるかとカナタが向き合うところで、はるかがグランプリンセスの姿に。
 また、クローズには、目を光らせる演出をつけました。
 まさか、最終回まで、こんな見所をつけるとは・・・。いやー、前作「ハピネスチャージ」と比べると、格段に見応えのあったオープニングでしたね。常に期待感あふれるオープニングを提供して下さり、スタッフ様には大いに感謝しています!



~ Aパート ~
 その後、絶望のイバラが一面を覆います。
「お前達と相容れる事はない。俺達は、戦い続ける運命なんだぜ・・・!」
 となれば、戦うしかないのか? しかし、フローラは、このまま戦っても何も変わらないと、クローズと話そうとしました。
 そして、単身クローズの元に向かうフローラ。マーメイドは、すべてをフローラに託します。

 その後、フローラはクローズと1対1で向き合う事となりました。
 すぐに、バトルが始まります。ですが、クローズと話し合いたいフローラは、積極的には攻撃しません。
「どうした!? お前のなりたかったグランプリンセスとは、そんなものか!? それじゃあ、俺には勝てない。」

 
「何度でも絶望させてやる! お前が、諦めるまで!」
「夢がある限り、絶望は消えない。永遠にな。」

 
「絶望は・・・、消えない・・・。絶望って・・・、何・・・? 絶望・・・。絶望・・・。絶望・・・。」
 その後、フローラは、幼少時にプリンセスになる夢をバカにされた事をはじめ、様々な困難があった事を思い出します。そして、そういった困難を乗り越えた先には、喜びや希望があった事も。
 直後、クローズが、トドメとばかりに攻撃してきましたが、フローラは無傷でした。
「そう、絶望は消せない。絶望はどこにでもある。今までもずっと、辛い事は沢山あった。でも、それをなかった事になんて、できない。ううん、なくしたくない!」
 
「楽しい事と辛い事は、背中合わせ。でも! だから、今の私がいる!」
 
「夢も絶望も、その両方が私を育ててくれた。嬉しい事、悲しい事、全部ひっくるめて夢って事なのかな。」

 
 クローズの攻撃を回避し続けたフローラは、ついにクローズに決定打を与える事ができました。
 
「絶望は・・・、消えない。」
「そうだ。これからも現れ続けるぜ。」
 
「乗り越えていくよ。時々負けちゃう事だってあるけど、何度でも前を向ける。だって、私達には・・・、」
「夢があるから。」
 

「夢だって消せないよ。絶望がある限り、夢だって輝き続ける! いつまでも、」
「つよく、やさしく、美しく、か・・・。」
 
「はー・・・、やめだ、お前の相手は。これ以上やってらんねーぜ。消えてやるよ、今はな。あばよ。」

「クローズ・・・。」
 
「またな・・・。」
「ごきげんよう・・・。」

 こうして、クローズは消え、フローラはマーメイド達と再会。クローズとちゃんと話し合い、もう大丈夫だと、フローラは笑顔で告げます。
 そして、グランプリンセスとしての役目である、絶望の扉に閉じ込められた人々の解放を成し遂げました。
 

 


 

 


~ Bパート ~
 その後、ホープキングダムの人々も解放され、トワとカナタは再び両親に会う事ができました。そして、プリンセスパレスも、元のホープキングダム城へと戻りました。
 トワは、両親が無事だった事に涙を流して抱き合い、カナタも、国を取り戻せた事に涙します。
 

 

 少しして、国王一家はフローラ達とともに、多くの国民達に称えられます。
 

 その後、国王は、国を救ってくれたフローラ達とパフ、アロマに感謝します。
 しかし、すぐに、フローラ達は変身が解け、ドレスアップキーの先端が引っ込みます。それは、役目を終え、眠りにつこうとしているから。
 となれば、プリンセスパフュームとドレスアップキーを王国に返還する必要があります。ですが、そうなれば、他の世界と行き来ができなくなってしまうとの事。
 はるか達は、別れの時が来た事に悲しみます。
 

 それから後日、ノーブル学園は修了式を迎えました。
 はるかは、いつもの面々とマーブルドーナツを食べていました。トワ、パフ、アロマも一緒です。

 
 この日は、43話で決まったきららの外国行きの日でもあります。そろそろ出発しようとしていました。トワも今日、皆と別れようとしていました。
「みんなには心から感謝しています。これからは、お兄様とともに、ホープキングダムの・・・、夢と希望を・・・、絶やさぬよう・・・、努めて・・・、参ります・・・。」
「トワっち・・・。」
 

 
「もう泣かないと・・・、決めていましたのに・・・。」
「トワ・・・。」
「仕方がないわよ・・・。」

 
「大丈夫。また会えるよ。離れていても、心は繋がっているから。きっと・・・。ね?」
 

 
「私達は!」
『いつでも一つ!』
「パフ!」
「ロマ!」

 
「つよく!」
「やさしく!」
「美しく!」
「Go!」
『プリンセスプリキュア!』
 

 


 それから、ノーブル学園の生徒達や夢ヶ浜の人達は皆、夢に向かって頑張りながら、楽しい日々を過ごしていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 もちろん、ホープキングダムの人々や妖精達も同じです。また、パフとアロマは、自力で人間態になれるようにもなりました。
 

 


 絶望の森の様子はとても静かでした。今のところは。
「心配いりませんわ。きっと・・・、未来のプリンセスも、絶望に、立ち向かえるはずです。」
 
「ああ・・・。そうだね。」
 

 はるかがカナタと別れる少し前の事でした。はるかは、カナタからもらったキーがあったからここまで来れたのだとお礼を言います。
「キーは、きっかけに過ぎない。ほんの少し、君の背中を押しただけさ。すべては君の、はるかの力だよ。」
「そうかな? うーん・・・、カナタがそう言ってくれるなら、そうなのかも! うん、私、頑張った!」
「それなら、私は、もう大丈夫だよ。このキーがなくても、歩いていける。これからも、私の夢、私だけのプリンセスを目指して!」

「ありがとう、はるか。君に出会えて良かった。」
「私も! ありがとう、カナタ・・・。」
 
「また・・・、会えるよね?」

「ああ、会いたいと、」
「心から望めば・・・。」
「ああ・・・。」
 
 そして、カナタと別れました。良い別れではあったものの、やはり涙が・・・。
 
 だが、はるかは、ここでめげる事なく、前へ進みます。

「これは、遥か彼方へ走り続ける、少女達の物語! 夢へ向かって!」
『Go! プリンセスプリキュア!』
 

 



 今回のエンディングの個別部分は、フローラパート。前話まで全パート均等に出ていたとなれば、当然、今回は主人公の出番ですよね。


「こうして、プリンセス達の夢の旅は、続くのでした。プリンセス達は、もう会えないのかな?」
 この絵本は、ゆいが書いたもの。あの時から、何年も月日が経っていました。
「大丈夫。夢に向かって走り続ければ、その心の中に、また、キーは生まれる。」
 
「そのキーがあれば、きっと・・・。」
 

 
「きっと・・・。」


 これにて、「Go! プリンセスプリキュア」は終了です。


 次回作「魔法つかいプリキュア!」へのバトンタッチ。髪の色が同じだと、姉妹のように見えて良いですね。

 次回作予告直後の一枚絵。らんこが変に目立ってますねえ。(笑)


【まとめ】
 フローラが、ディスピアにすべてを託されたクローズと話し合った事で、世界に平和が戻り、人々は再び夢に向かって歩む事ができました。

 さて、今回のテーマは「夢あるところに絶望あり、絶望あるところに夢あり」でしょうね。
 何の障害もなく夢を叶えられれば、それは幸せな事でしょう。しかし、大抵、そんな事はなく、夢を「勝ち取って」叶えるケースが多いために、「競争」という概念が入り込んでいます。
 そして、その「競争」の機会は、一度だけではなく、何度もあり、ほとんどの人は、そのどこかで負けを経験し、挫折するものです。となれば、夢がある限り絶望は消えないという、クローズの言い分は間違ってないでしょう。

 しかし、その絶望を乗り越えた上で夢を叶えられれば、大きな達成感を得られますし、様々な挫折から反省点を振り返る事で、夢に対する意気込みが前よりも増す事だってあります。
 それに、絶望から新たな夢を見出す事だってあるでしょう。たとえば、プロ野球選手になる事を目指していた少年がいて、ある日、その父親が飲酒運転事故に巻き込まれて死亡したとします。その少年が、父を亡くして深い悲しみを味わった後、父のような悲劇は繰り返すまいと、飲酒運転撲滅を誓い、警察官になろうと考える事もケースもあるでしょう。
 ほとんどの人達は、様々な挫折や困難があったからこそ夢を叶えられているのであり、そう考えると、絶望は、決してあってはいけないものではないのだと思いますね。

 今作のラスボスは多くの人達の絶望の塊という事で、ラスボスが負の感情の集合体というところでは、「スイート」や「スマイル」と同じでしたが、今作もこれら2作と同じく、悲しみや不幸を受け入れた上で前に進むというもので終えました。
 その結論はありきたりではあるものの、メイン視聴層の女児達に対して、今後多くの楽しい事や辛い事が待ち受けてはいるが、それらを全部「友達」として受け入れて頑張ってほしい、というメッセージを発しているように感じて、良いと思いますね。それも、今作のテーマである「夢」を掲げているのですから、これ以上ない良い決着だったと感じています。


 さて、前話感想では、画像数がプリキュア感想最多の103となりましたが、今回は、それを上回っちゃいました。その数は、20以上多い127枚に!
 1回目を見終えた時は、今回もキャプチャー画像は100を超えると思っていましたが、まさかここまで多くなるとは・・・。しかも、先週は、プリパラ感想も「おそ松さん」感想も画像数が3ケタとなっており、4記事連続でアニメ感想の画像数100以上とかどういう事なの・・・。(笑)

 まあ、ですが、それだけ素晴らしい最終回だったと思いますね。沢山のサブキャラが前話を盛り上げ、グランプリンセスになる事もできたとなれば、その功労者達の後日談はキャプチャーする価値が大いにあると思いましたし、涙の別れ、そして、そこから前に進む姿勢にも感動しました。
 今作終盤では、多くの人達が一体となって、イベントを盛り上げたり、誰かを応援する事が多く、それが、良いドラマを生み出し、強い画像キャプチャー意欲を呼び起こしたのだと思いますね。プリキュアだけでなく、サブキャラも含めて皆が主役だと感じました。
 過去作を思い出しても、今作ほど多くのサブキャラが大活躍したとは思えないですので、今作は、プリキュアシリーズ12作品の中で、かなりの名作だったと感じていますね。そんな感動を与えてくれたプリキュア達やサブキャラ達、そして、今作の制作に係わったすべてのスタッフ様達には、本当に感謝しています!



 今話の感想は、これで以上です。
 これで、今作全50話の感想を書き終えましたが、まだ、全話見終えての総評やプリキュア1人1人の感想など語りたい事があり、そういうのを後日、「Go!プリンセスプリキュア 総評」の記事として挙げたいと思います。
 予定としては、5日(金)あたりを考えています。もし興味がありましたら、総評記事も楽しみにお待ちください。

 それでは、今回の記事は、これで終わりにします。ここまで読んで下さって、ありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ4年目! | トップ | プリパラ 第81話感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Go!プリンセスプリキュア 第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」 (MAGI☆の日記)
Go!プリンセスプリキュアの第50話を見ました。 第50話 はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア! ディスピアとの戦いが終わり、学園の生徒達からの歓声が沸く中、地上に舞い降りるはるか達に黒い羽が放たれる。 「…!?そんな…クローズ!?」 「一体、何...
Go!プリンセスプリキュア 第50話(最終回) はるかなる夢へ!Go! プリンセスプリキュア! (四十路男の失敗日記)
今回で、一年間続いたプリンセスプリキュアさんも終わり。 長かったような、あっと言う間だったような気もしますが、スタッフ・キャストの皆様、ファンの皆様お疲れ様でした。 やっとディスピアを倒した!世界も元に戻った!これからは平和だ!と思ったら、ディスピア様....
Go!プリンセスプリキュア 「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」 50話(最終回) (なになに関連記)
前回の戦いでディスピアの撃破に成功!・・・と思いきや、そこにはまだクローズの姿が!?絶望を元に生まれたディスダークは何度でも蘇るのだそうです。そこで、このままでは何度戦ってもきりがないと考えたキュアフローラは一人でクローズの元へ向かうことに。なんと、話...
Go!プリンセスプリキュア/感想/最終回「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」(ネタバレ注意) (The Girlls Fiction Fan Blog(GFFB)-少女創作ファンブログ-)
 『Go!プリンセスプリキュア(公式サイト@朝日放送/公式サイト@東映)』第50話(最終回)「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」の感想です。
Go!プリンセスプリキュア 第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」(最終回) (のらりんすけっち)
ゴープリもいよいよ最終回! 1年経っちゃったんだなあ…改めて感じてしまいますわ。 OPで1番を流すところが心憎い。 締めはフローラとクローズのサシ対決!! 敵さんトップバッターがラスボスというのも斬新。 いいなあ…(歴代トップバッターさんたち)^^; 顔...
Go! プリンセスプリキュア #50 (日々の記録)
とうとう「Go! プリンセスプリキュア」も最終回です。(;_;) グランプリンセスになったことで、ついにプリキュアはディスピアを倒しました。しかし、これで戦いは終わりではありませんでした。なんとディスピアに取り込まれたはずのクローズが、生き延びていたのでした...
Go! プリンセスプリキュア 第50話 「はるかなる夢へ! Go! プリンセスプリキュア!」(最終回) 感想 (Little Colors)
夢と絶望が前へ進むチカラ。『Go! プリンセスプリキュア』最終話の感想です。
手裏剣戦隊ニンニンジャー46+仮面ライダーゴースト16+Go!プリンセスプリキュア50(終) (レベル999のgoo部屋)
プリキュア第50話(最終回)『はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!』 内容ついにグランプリンセスになったフローラたち。ようやくディスピアを倒したのだが。。。。。 ってことで、最終回。 終わってみれば 久々に、プリキュアらしいプリキュアだったよう...