亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

理外の理、理屈抜きのドル安モメンタム

2018年02月16日 22時53分25秒 | 金市場
15日のNY市場で債券相場は弱含み、長期金利は2.909%で終了。先日まで米長期金利の上昇を嫌がっていた株式市場は、金利上昇を跳ね返して上げ幅拡大。一方で、金利上昇を好感するはずのドルが、逆に下落。 15日の引けでユーロドルは1.25ドル台に回復。ドル円の引けは、106.14円。その結果、ドル指数(DXY)の終値は88.57となり終値ベースで直近の下値となっていた2月1日の88.65を下回って . . . 本文を読む
コメント

まさに海図のない航海

2018年02月15日 23時38分39秒 | 金融市場の話題
昨日の東京株式市場。午前からドル円の下げが目立ち、午後に入ると(その時は)瞬間的ではあるものの107円を切るなど急動意。下げ足を速める株式市場は、円高を嫌う体質から午後になって下げ足を早め、前日比300円安近くまで下げ、ドル円の動きもいよいよさらに下攻めと思って見ていたら、株式市場で急にまとまった成り行き買いと思しき注文が入り、全般的に戻りに入り流れは逆転。ドル円もドル高方向に反転ということになっ . . . 本文を読む
コメント

余震が続くマーケット、まだまだ油断は禁物

2018年02月13日 23時17分19秒 | 金市場
週明け12日のNY株は、週末の戻りが鈍かったので反落だろうと思っていたら、続伸となったので、ダウ30種で見て高値から10%の下げで2万4000ドル割れということで、うまく行けばここから落ち着くかと本日の日本株を見た。ドル円の動きが大きくなったのは後場の終了前。引け後は、108円割れで107円台に突入。 先日(2月2日)ここでも書いたが、長期金利上昇阻止の0.0110%の無制限買い指値(金利釘づけ . . . 本文を読む
コメント

久々に(12~3年ぶり?)和歌山城に

2018年02月12日 18時30分32秒 | 徒然(つれづれ)
先週末2月10日の午後は和歌山市で2時間のセミナーだった。 東京は雲が多いながら晴れ。しかし予報では西から下り坂。羽田発⇒大阪(伊丹)行きのJALから傘をさしたような富士山が。飛行機雲崩れなのか、珍しい形の雲も。 和歌山のセミナーでは、ちょうど日銀の出口政策の話の折に、黒田日銀総裁の続投が決まったとの日経の記事があったので話題に出した。セミナー終了後に、安倍首相のブレーンで前内閣官房 . . . 本文を読む
コメント (1)

低金利レバレッジの巻き戻しドミノ現象

2018年02月09日 22時41分52秒 | 金市場
夜中に目覚め何気にスマホでNY株の状況を見てしまう。いい睡眠にとって、あの光は悪い影響があるという話は聞くが、やはりこれだけ動くと見てしまう。下げ幅が大きいと後追いしてしまい、結局起きてしまったりする。あげくに睡眠不足で昼間眠くて・・・というのは自分の話だけれど、そういう人は多いことだろう。オリンピックが時差のない国で開かれるのは、救いというべきか。でないと、寝不足頻度が高まりそうだ。今回は期待 . . . 本文を読む
コメント

ここに来てのコモディティの下げは株安動乱の余波か

2018年02月08日 20時16分19秒 | 金市場
7日の市場で目立ったのは、金も売られたが原油を始め銅など(穀物などソフトを除く)幅広いコモディティの下げだった。 米上院にて今年度と2019年度の歳出上限の引き上げ(3000億ドル)が合意されたこと。さらに、この日の10年債の入札で、応札倍率(発行予定額に対する応募)が前回より下がったことから、米国債に売りが出され、長期金利は再び株安につながった2.8%台後半まで上昇。財政赤字の拡大を意識した . . . 本文を読む
コメント (1)

転機としてのNY株の崩落

2018年02月07日 21時09分53秒 | 金融市場の話題
「もう1期FRBの議長を務めたいと思っていたし、それを明確にした。だから再任されなかったことに本当に失望した」。これは先週末の発言で、発言の主はイエレンFRB前議長。ここまでの発言は、これまで流れなかったのか、初めて心情を吐露したのか。いずれにしてもトランプ大統領には、再任してもらいたい旨の意思表示をしていたことが判明。その上で、指名されたのはパウエル理事(当時)だった。 やることはやった的な退 . . . 本文を読む
コメント

ちょっとした“騒ぎ”の中で、金は通常の値動き

2018年02月05日 19時47分51秒 | 金市場
1点集中型で市場の注目を集めていた1月の米雇用統計における賃金(平均時給)上昇率。報じられているように、結果は前年比2.9%の増加と2009年6月以来、8年7ヵ月ぶりの伸びとなるサプライズに。好調な米国経済のネックとなっていたインフレ率の鈍さだったが、いよいよ完全雇用状態から賃金上昇への連携が起き始めたとの見方が一気に高まり、国債は売られ金利は急騰となった。 すでに上昇基調を強めていた米長期金 . . . 本文を読む
コメント (2)

金融版「不都合な真実」 いろいろと面白い展開になってきた

2018年02月02日 19時57分36秒 | 金市場
2月1日の市場の話題は、欧米長期金利の上昇だった。米10年国債利回り(=長期金利)は、一時2014年4月初旬以来約4年ぶりに2.8%に迫る水準に上昇。ドイツ国債も売られ10年債は0.724%に。ちなみに年始は0.468%だった。この中で、究極の官制相場で我関せずの無風状態の日本の長期金利もジワジワと上昇。 もともと2016年9月(21日)の会合にて日銀は、それまでの量から金利に金融緩和の枠踏みを . . . 本文を読む
コメント

際限なく続く株高に慢心が生まれているのか

2018年02月01日 23時31分40秒 | 金融市場の話題
1月最終日となった31日のNY市場の金価格は反発で終了。月足は2.6%の上昇。地味な動きだが、昨年の8月(+3.8%)以来の上昇率。暗号通貨(仮想通貨)の値動きの荒さが年始以降目立ったので、安定しているというか、どっしり構えているというか、これがGoldですという感じ。これでもカネ余りの矛先がこちらに向くと軽くなるが、株式市場でのショーが続いているので、こっちはひっそりとした展開が続いている。 . . . 本文を読む
コメント