亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

“Tail-Risk”よりは可能性がある真正面からの地政学的リスク

2017年02月21日 21時18分02秒 | 国際情勢
週明けはNY市場が連休につき、話題はヨーロッパ関連。フランスの大統領選挙の候補者支持率をめぐる世論調査の結果が話題になった。以前は、第3の候補と目されていた中道左派のマクロン前経済相が、フィヨン元首相の敵失を機会に本命に浮上、いまや話題の中心のルペン国民党党首と一次選挙のトップを競うという構図。ただし、本選はマクロン、フィヨン両候補の支持者がまとまることで、ルペンの勝ち目は薄いというのが大勢的な . . . 本文を読む
コメント

今後、すべてのFOMCが利上げ検討の場か

2017年02月20日 22時42分25秒 | 金市場
今週は、22日に1月31日-2月1日のFOMCの議事録の公開がある。この時は声明文では3月の利上げを示唆するものは見られず、12月の会合からは景気判断の上方修正されたものの内容的にも大きな変化はみられなかった。ただし、先週の上下院2日にわたる議会証言ではイエレン議長が3月を含め利上げは議題に上る(Live)としたことで、3月利上げ見通しが高まることになった。金は一時急落したものの、直ぐに買い戻され . . . 本文を読む
コメント

金市場も“どえりゃ~~”税制改革案待ちか?それとも先走るか?

2017年02月17日 21時45分24秒 | 金市場
来週の月曜日のNY市場は、Presidents Day(大統領の日)の祭日。つまり3連休を控えるが、昨日のNY市場もすでに連休を控えた手仕舞いモードという印象。 株式市場の方は、1週間前に名古屋弁風に書くならば、「2~3週間のうちに税制について、どえりゃ~~発表をするでよ」というトランプ大統領の発言に、待ってました、そういうのを聞きたかったんです!とばかりに、過去最高値の更新を続け、気が付けば . . . 本文を読む
コメント

NY株もGOLDもトランプ・ラリー

2017年02月16日 21時13分21秒 | 金市場
昨夜はちょうど更新しようとした時に、CPI(消費者物価指数)と小売売上高の発表があり、金には売りが膨らんだ。どこまで押すのか見ものと思っていた。午前中にある老舗の専門誌の編集者の方から電話取材を受けており、イエレン議長の利上げ前向き発言に好調な経済指標という組合せでは、以前ならとっくに1200ドル割れになっているところを値を保っているのは、不確実性を材料にした、大口資金の再参入があればこそ・・・ . . . 本文を読む
コメント

大手ヘッジファンドの中に株高に警戒を高めるところも

2017年02月15日 22時59分04秒 | 金市場
本日の日経夕刊の4ページ(・・・・といっても、地域によっては、明日の朝刊かもしれないが)「ウォール街  ラウンドアップ」に、世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツのトップ、レイ・ダリオが、今年に入り、不透明な相場環境につき、「一極集中せず、いつでも売れる銘柄にすべきだ」との書簡を顧客の機関投資家に送ったという話が紹介されている。この話は、先月に流れていたが、もともとトランプ・ . . . 本文を読む
コメント

売られるけど底割れに至らない金市場

2017年02月14日 19時01分40秒 | 金市場
日本時間の本日早朝(午前3時前)に、トランプ大統領が「貿易で素晴らしいアイデアがある。近く実行する」と述べたとのニュースを今朝見て、何だろうと思っていたら、WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)がカバーしたところでは、対中貿易に関連した話だった。 対中強硬派で知られるピーター・ナバロがトップに就いたホワイトハウス新設の「国家通商会議(NTC)」がまとめたもので、為替操作を為替安誘導=「不当 . . . 本文を読む
コメント

今週はイエレン議長の議会証言と米イスラエル首脳会談

2017年02月13日 19時50分46秒 | 金融市場の話題
日米首脳会談は報じられているような状況で、安全保障面での緊密な日米関係を世界に発信、通商面は今回の首脳会談マターにはせず別途ということで、まずは懇親を深めましょうということで成功裏に終わった。時間のない中での外交、経産両省の担当者のお膳立てがうまく行ったことだろう。米国側も政権の体制が固まっていない段階で、正規の首脳会談で大統領の個人的な考えや感情での発言が独り歩きするリスクを避けるという側面も . . . 本文を読む
コメント

歴史的な接待ゴルフ 日米首脳会談

2017年02月10日 23時18分22秒 | トピック
さて日米首脳会談。国務長官は承認されたものの、日は浅く、財務長官も商務長官の承認も未だならない中での首脳会談。下交渉も出来ていないであろうから、どうなるか。・・・と思っていたら、日経が、双方ともに・・・・ではなく、米国側は今回は本格的な話し合いに持ち込まないという趣旨の観測記事を書いていた。・・・・であれば、戦々恐々と身構えることもなかろうと思うが、流れで何か突飛な発言が出るやもしれず、むしろ本 . . . 本文を読む
コメント

金市場 節目の1250ドル、来週はイエレン議会証言

2017年02月09日 23時25分24秒 | 金市場
それにしても連日にわたって、これでもか!というくらいに話題を提供してくれるトランプ大統領だが、夫人から娘まで舞台にあがって、さながらドナルド劇場という選挙戦そのままが続いている感じだ。日本政治が専門のコロンビア大学のジェラルド・カーティス名誉教授が、トランプ評を「非常にナルシストで周りに偉大なリーダーだと思って欲しい」としていた。 そうだろうなぁ、と思っていた。スタート時から史上最低の支持率が . . . 本文を読む
コメント

金市場が読む、利上げ出来ないFRB

2017年02月08日 23時53分30秒 | 金市場
週明けにかなり売られたフランス国債が、7日は小康状態で100以上もの公約を掲げた国民戦線ルペン党首の支持率も高いとはいえ限定的と思いきや、フランス大統領選で、またぞろ妙な流れが出てきた。選挙戦特有の中傷合戦ということなのかもしれないが、有力候補フィヨン元首相の支持率低下に従い、急浮上してこちらが本命か、と思われたマクロン経済産業デジタル相に性的スキャンダル。同性愛者との不倫疑惑・・・・という、何 . . . 本文を読む
コメント