亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

米大統領選前の低水準に戻ったドルインデックス(ドル指数)

2017年05月17日 23時24分17秒 | 金市場


16日のNY市場では、ドルが全面安状態となった。ドル円が113円を割り込んだきっかけは、4月の米住宅着工件数および許可件数のいずれも予想を下振れたこと。そこに、昨日も取り上げたトランプリスクへの警戒が加わったものと思われる。

もっとも、日本国内では主にドル円に関心が向くことから、このところ大勢的な認識はドル高円安というものだったと思われる。16日は円を含めドルが全面安になったことで国内でもドル安が注目されたが、ドルは他通貨とりわけユーロに対してこのところずっと弱含みに推移していた。金市場の参加者とくにファンドは、ドルインデックス(DXY)を指標にするが、こちらは1ヵ月前の4月18日から100ポイント割れを続けており、ここまでドル安基調が続いてきた。そして16日は引け値で、ついに昨年11月8日以来の水準に舞い戻ることになった。つまり米大統領選前の水準に戻ったことになる。

ドル建て金は、一足先に11月8日の引け値(1274.50を突破したものの、維持できずに下落。ドルインデックスは遅まきながら(半年掛けた)“行って来い”状態で、スタート時の安値に戻ることになった。弱いドルは強い金(ドル建て金)というセオリー通りの展開に。16日のNY市場で金が1240ドル台と騰勢を強めたのは、ドルインデックスへのさや寄せの動きで、売り方の買戻し(ショートカバー)とみることができる。この時間には17日のNY市場の取引が始まっており、早々に1250ドル台乗せをみている。

さて、別掲の市況解説でも取り上げたトランプリスクだが、機密情報の取扱の意識に欠けることも困りものだが、日本時間の今朝報じられたロシア疑惑がもとで辞任したフリン元補佐官の捜査をしないよう先日解任されたコミーFBI長官に圧力をかけていた疑いがあるという報道。報道に間違いがなければ、共和党議員の動き次第では、先行き大統領の弾劾もありと思わせる話につき要注意。

本日は、夕刻、ラジオ日経 「マーケットトレンド」出演でした。いつもの大橋ひろこさんです。

以下のURLです。

http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-2017517.html
『投資』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実現が遠のくトランプ目玉政策 | トップ | 跳ね上がったといっても、ま... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドルインデックス (ささやか)
2017-05-18 07:57:44
ドルインデックスってアメリカの政治能力も見てるんですね。
ウォターゲート事件の時の事を想い起こすと、ニクソン大統領が辞任した時には副大統領が大統領になったけど…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む