『銀の館』~銀美知(しろがね みさと)の普通の日記

ども。お銀です。よそで異端な内容のブログやってますので、ここではそれ以外の普通の(?)事を少々。

悪魔が来りて太鼓打つ 倉敷への旅 その5

2016-10-08 16:52:06 | フィギュアスケート

*とまあ、ジュニア、sexyzone、関ジャニ∞、KAT-TUN、さらにはV6、TOKIOなんかも出てきて、ついに大御所、マッチ!嵐やSMAPじゃねえのかよ、と、お思いの向きも多分にありましょうが、私にとっての大御所は、やはりマッチ。光GENJIに入れ込んでいた折、彼らと10周年迎えたマッチがMステでジョイントする企画があって、その際、光GENJIのメンバーがヴォーカルのリレーであの名曲を歌っていて、サビのところでいよいよ本人登場!となったのですが、「ギンギラギンにさりげなく〜♪」とマッチが現れた瞬間、あれほど光GENJIに入れ込んでいたはずの私が、「あわわわわ、全然歯が立たん。7人束になって挑んでも絶対勝てね」と腰抜かしそうになった、あの感じ。まさにそれを思い起こさせる登場だったのがラスボス、「Takahito MURA!」(実際にこう呼ばれたわけじゃなく、あくまでイメージね。そのうち触れると思いますが、これもトラウマになっとるな)。ローカルの、ちっちゃなリンクに彼が現れた途端、ずわっと音が聞こえそうなくらい、あからさまに雰囲気変わりましてね。先日の四大陸選手権でも最終グループの6人は、それまでの選手とは「次元が違う」としか言いようのない差がありましたが、その中にいただけあって、やっぱ凄いんですわ、オーラが。さらには、私の大好きな、前シーズンのSP「黒い瞳」演ってくれたんで、内心狂喜乱舞。ボードに張り付いて(前に柱あったけど←しつこい)観てたんですが、リンク狭いし、一番前だしで、近過ぎて実感無し。で、三番目のジャンプ(すんません、種類わかりません💦)が、何と真ん前!着地した直後に長めの前髪がバサッと顔に落ちてきた、のを見た瞬間「うわっ」と思ったのは覚えてるんですが…気づいたら、曲終わるとこ。って、見てなかったのかよ、一番好きな終盤のステップ!気ィ失ってたのか?と自分を責めても後の祭り。あっという間に、演技を終えると、狭いリンクから消えていたのでした。何しにここまで来たんだよ…。(ま、他にも色々見られたからいいようなものの…)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月5日(水)のつぶやき | トップ | 10月8日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フィギュアスケート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL