ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで七年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

牛でもなく耳でもない君は蝸牛

2017-05-25 14:43:36 | 日記

架空OL日記にはまって以来、バカリズムにはまり、バカリズムと、オードリーの若林と、二階堂ふみが同じアパートに住んで、炬燵交流している設定のトーク番組「住住」も見ている。男性のバカリズムには、OLのバカリズムほどの魅力はない。と言うことは、バカリズムは女性として生きる方が輝ける、という事なのだろうか。
今話題のL.G.B.T.Q.N.B. (Lesbian・Gay・Bisexual・Transgender・Queer・Non-Binary 長っ)のN.B.の人で、ニックが見てるTVドラマに出ている役者さんで見た目女優なんだけど、SheでもHeでもなくTheyと呼んで欲しいと言う人があるそうだ。ザ・ロード・オブ・ザ・リングスの小鬼ゴラムも自分の事を「Us」と呼んでいた。英国の大学ではZeと呼び始めているらしい。イツァーク・パールマンは公衆トイレを男女分けしてる州でのコンサートをキャンセルした。彼のマイノリティーを保護したい気持はわかる。しかしL.G.B.T.Q.N.B.の人々は本当にマイノリティーなの? 不幸な病気などでマイノリティーになった人々と同じ扱いでいいの? 怒られるかもしれないが、「私はユニークなのだ」と感じられる生き方を自ら選んでおいて、マイノリティーは保護されるべき、と声高に言うのは何か違う気がする。真の自己の姿を見つける方法は、性云々とは違うところにあると私は思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重桜夢一つずつ捨ててなほ | トップ | 小さき橋幾つも架かる若葉雨 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。