ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで七年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

演奏会の行列夜の若葉風

2017-05-17 10:13:29 | 日記

ビールをチェイサーにウィスキーショットを飲む事をボイラーメイカーと言う。当たり前だけど、ウィスキーはビールの中に入れぬ方が美味い。本日はニッカウヰスキー「竹鶴ピュアモルト」で。

ニック達の白寿ホールコンサートは満員御礼。Nippon brand 、Yu Iida brandのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロという兄弟姉妹楽器の音色の溶け合いに加え、完璧に息の合ったアモイヤル夫妻に挟まれ、さらにピアノを通じてコミュニケーションを行う超能力者(medium)みたいな福原彰美の力を借りて、ニックは思う存分自分の理想のチェロを弾くことができた。こんなコンサートが、カーネギーホールに行かなくても聞けちゃうなんて信じがたい幸福だよ。それもこれも樅楓舎代表飯田裕氏の志の高さによるものである。私達陰で支えるリトルピープルにも、大きな満足が得られた昨夜の演奏会だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都庁前走る若葉に噎せながら | トップ | 蔦若葉経読む如く呟いて »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました!! (Blueberry muffin)
2017-05-17 16:28:51
今まで聴いたどのクラシックコンサートよりも、圧倒的な華やかさと空間を支配した感じがしました。願わくばお二人のお持ちの名器で聴きたいですが、四重奏を若い楽器であそこまで弾きこなしたからこその、奇蹟の瞬間だったのかなとも思いました。
幸せな時間を有り難うございます!全てはいつも笑顔の奥様の支えのお陰かと思います^^
Re:感動しました!! (朗善)
2017-05-17 16:50:59
Blueberry Muffin様
私はホロヴィッツと同時代に生きてたのに、お金がない、というくだらない理由でライブを見そこねた事を一生後悔してます。だからニックの演奏を生で聴けてることに今は感謝の連続です。日本人の作った楽器が300年後に銘器として演奏されるという夢に参加できることにも感謝です。
Unknown (更紗)
2017-05-18 00:06:48
素晴らしいコンサートだったのですね!おめでとうございます。
夢に参加、いい言葉ですね。デロリアンで300年後に行ってみたいです~!
Re:Unknown (朗善)
2017-05-18 06:32:40
300年後、俳句もきっと続いていますよね!全国の俳人、俳句ファンがそれに貢献していると思いますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。