ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで七年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

神渡吹けよ花束散らすなよ

2016-10-29 06:58:25 | 日記
フラッシングのピザマル(コリアンタウンのコリアンピザ)で打ち上げ。写真は、フライドポテトの生クリーム添え。

ミコのチェロリサイタルが全部無事終了。昨夜はアーロンコープランド音楽院(クイーンズカレッジ音楽科)の生徒だけでなく、全学部の教授や生徒が来て大入り満員。ニックの息子とその母も来てくれた。第一楽章は完璧。ようやくチェロと一体になって自分の音楽ができたようだ。二楽章で指が滑ったか、二、三音飛ばしたので、あ、と思ったが集中切れず、冷静に弾き通した。と思ったら、後で聞いたらそこから死に物狂い、息が出来ず、四楽章弾き終わった後、失神寸前だったそうだ。カーテンコールの後袖に駆けつけると、椅子に座らされ、指揮者にぱたぱた扇がれ、ぐったりしてた。思うに、シフトの度に息つぎして、それを吐かずにまたシフトの繰り返しで、過呼吸になったんじゃないか。そんな事は観客席からは全くわからなかった。早いパートは勢いがあり、スローパートは心を込めて歌っていた。
アパートに帰る道々、風吹きすさぶなかで、彼女は繰り返し、私は心を込めて弾いたよ、私の全てを捧げたよ、と言った。まさにそれこそが、ナサニエル・ローゼンの教えの全てなのだ。
またミコが、”ロマンチック・ローゼン・スライド”を使うたび、ああこれはニックのスライドだ、ピアティゴルスキースライドだ、師系がここにも確かに息づいている、と感動した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木枯ニモ空ノ青サニモマケヌ | トップ | しゃぶしゃぶの湯気に別るる... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。