ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで六年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

ものの芽や思ひ思ひに伸びてゆけ

2017-04-18 09:33:29 | 日記

実り多いクラスコンサートだった。全員が、良い音程のために指のアングルを変え、肘の位置を変え、もっとストレッチし、良いボウイングのためにどんなに腕を伸ばしているか全部見えた。私の二人の娘はニックに一音一音怒られ、怒鳴られ、泣かされ、𠮟咤激励されてきたので、レッスンを見なくてもみんなの頑張りはわかるつもり。だからそれが成果(よい音)となって現れるのを目の当たりにすると、涙が出てしまう。
ニックは弟子の和田理とポッパー組曲を弾いた。最後のリハーサルの直後、普通とは違う演奏をしような、とニックは約束していた。ニックはリハーサルに100%弾く。本番の第一楽章に120%弾く。二楽章はそれ以上に弾く。二楽章終わった時点で、ああ三楽章がまだある、どうするのだ、もう力は残っていない、となった時初めて人は普通では出ない力を発揮する。火事場の馬鹿力というやつだ。そこまで自分自身を追い込んで、普通じゃない演奏を見せる、自分自身との闘いを見せてくれる。これがバレエやボクシングなら当たり前。ダンサーやボクサーは自分が楽しんでパフォームするなんて事はあり得ん。一秒一秒が自己の肉体の限界との闘い。チェリストも同じという事をニックは身を持って教える。和田理との真剣勝負みたいな演奏を我々観客はハラハラ楽しんだ。闘いながら共に生き残る。丁々発止。和気藹々だけでは何も起こらない。ニックの影響で、パフォーマンスがエキサイティングになってきた生徒も増えて来た。頼もしい限りだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬達の首垂れ春の野の雨に  | トップ | 珈琲の缶ふるふると振る桜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。