ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで七年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

ぶらんこの音消え子らの声の消え

2017-03-28 11:41:14 | 日記

俳都松山らしく、俳句を書道作品として発表する試みも今年で12回目だという。今回私の俳句を、いかにも平和な書体で、希望に満ちて書いて下さった高井綾乃嬢。どんな素晴らしいお嬢さんであろうか。出来ることならお目にかかりたかったのだが、開店早々朝十時の高島屋9階くるりん乗り場には誰もいない。私とニック二人でオープニングセレモニー勝手にやりました。綾乃さん素晴らしい書をありがとう。買って帰れないの?とニックが聞くけど、ダメだよ、綾乃さんにとっても大切な思い出の書だもんね。展覧会が終わったら持って帰って、高井家の床の間に飾って下さいね。

ニックお気に入りの一句はこれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松山に城山のあり笑ひけり | トップ | 春寒の座れば居なくなる老婆 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。