ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで七年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

旅に寝て覚めてナイチンゲール聴く

2017-05-03 03:01:04 | 日記

九十歳になった自分を想像する事は難しい。
運転免許を更新するために毎年試験を受けているだろうか? 一般道はOKだがハイウェイはNGと判定され、それに不服を申し立て、再試験を申請し、結局受かって、ハイウェイを一人で二時間ドライブしてオペラを見に行けてるだろうか? 七十近い義理の息子にたっぷりとした朝ご飯や、ぐつぐつ煮込んだ手料理をご馳走できてるだろうか? 自らの九十歳のバースデーパーティーのレストランを予約したり、三十人分のココナッツケーキを注文したり、花屋に出掛けて会場に飾る花を選んだり、隣人を招いてお喋りしながら花のアレンジを一緒に楽しんだりできてるだろうか? パーティー会場で先頭を切ってダンスを披露してるだろうか? 義理の息子が連れて来た外国人の嫁に、「いい? 友達やご近所とはしっかり付き合うのよ。年を取れば取るほど彼らは大切な人達になるから。覚えておきなさいよ。」と、教えてあげられてるだろうか?

ベティ母さんみたいなスーパーレディにはなれないだろうが、ベティ母さんみたいに健康で、頭が良く、口が悪く、面白く、親切で、毎日ケチケチして、大事な時に気前がよく、犬と音楽とオペラをこよなく愛し、嘘のつけない、何でも顔に出てしまう、そんな九十歳に私はなりたいと、今回もまたつくづくと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半ばまで砂に埋もれて鳥交む | トップ | 風船と海を見てゐる道化師と »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵 (秋尾)
2017-05-06 13:56:56
そんな90才に私もなってみたい。でもきっとそれは日々の精進の先にあることなのかもですね。
Re:素敵 (朗善)
2017-05-07 12:01:15
どんだけ楽しくエキサイティング(挑戦的)に過ごすかだよ!嫌なことを我慢してばかりもいかんし、嫌な事から逃げてばかりもいかん。ワシはそう思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。