ミセスローゼンの富士日記

チェリストのナサニエル・ローゼンと日本に住んで六年目。音楽仲間と富士山麓に暮し、俳都松山へ通う日々!

自惚れぬ富山の人と薄紅葉

2016-10-19 08:21:44 | 日記

次女とスーパー銭湯で骨休め。骨休み。どっち? どっちも正しい。次女はNY旅行から帰ったスーツケースが開いたまま、チャイ1の練習、歴史プレゼン、チャーシュー丼のトッピングや皿洗いに忙しい。来てよかった。久々母親らしいことに邁進する。掃除。コインランドリー。買い物。手料理。寝室の壁に電飾をセットする。歴史&タイムトラベルドラマ”アウトランダー”を見る。少食の編集者が食べる楽しみに目覚める漫画”イケメン共よ、飯を食え”を読む。そしてスーパー銭湯。駅前からタクシーに乗ってドライバーに聞いた。

スーパー銭湯で骨休めしたいのです。*の湯は遠そうだし、***鉱泉はどうですかね?

スーパー銭湯みたいな銭湯なら満*の湯がおすすめだけど、骨休みって言ったらあれかね?山降りて来たの?

いえ、娘と温泉でのんびりしたいんです。

スーパー銭湯気分味わいたいなら満*の湯だね。天然温泉でないと筋肉痛とれないって言う登山者が多いからね。沸し湯でも良けりゃ、満*の湯がスーパー銭湯並みかなあ。私鉄の駅のすぐ側だから電車で帰れるしね。

え?スーパー銭湯並み?スーパー銭湯気分?そこはスーパー銭湯には負けるけど銭湯には勝つみたいなとこ?

いやいや、沸し湯だけど設備は整ってるしね、一日中いられるから、十分スーパー銭湯ぽいね。

まあ行ってみようよと言うことになり、満*の湯へ行ってみたら、スーパー銭湯並みどころか、スーパー銭湯であった。紅富士温泉、星岡温泉、鷹ノ子温泉、そらともりRENと同じくらいスーパー銭湯だ。露天風呂、サウナ、寝湯、ジェットバス、薬湯、スパ、マッサージ、ご休憩、レストランもあり。一体スーパー銭湯とは何? 多分だがドライバーは、大都会東京のど真ん中で温泉気分を味わうのがスーパー銭湯、富山は田舎だから、スーパー銭湯名乗るのはおこがましいと思っているのだろう。富山人は自惚れない。私の友人は富山には珍しく富山自慢がきちんとできる人。彼女以外の富山人は謙遜し過ぎ。次女も言われてた。

お嬢さんは東京から来たら、富山退屈でしょう? 面白い所ないよね。美味しい店もないしね。

いや、富山気に入ってますよ。こないだNY行ってきたんですが、あまりの汚さにウウッとなりました。富山は特に町きれいじゃないですか。東京よりもずっと綺麗、山も綺麗、海も綺麗、空気も綺麗、私は好きです。魚美味しいし。

ああそう。最初はそんなのが珍しいかもねえ。魚はまあうまいけどねえ。銭湯もまあまあいいけどねえ。雨ばっか降るよね。毎日空暗いよねえ。

なんつうことを言う。松山人ならこんないい銭湯あったら4割りくらい増して自慢しまくるだろう。富山人の話は逆に、常に4割り増しくらいに聞いてちょうどいいことを学んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧と雲峠に濡れて富士薊 | トップ | 通学路はや掃かれたる落葉かな »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。